シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
イヴァンカ 天然ボディソープ
(IVANKA(イヴァンカ)
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

イヴァンカ 天然ボディソープ

IVANKA(イヴァンカ)


イヴァンカ 天然ボディソープ のオススメレベル

イヴァンカ 天然ボディソープ の解析結果

ベビーソープ級の優しさ。


ココアンホ酢酸Naを軸として、オレンジ油の温和な脱脂効果など肌負担が極端に低い良品です。

洗い応えといえるようなものは少ないのですが、温和な洗浄性で優しく洗いたい、というケースではとても最適です。


泡立ちもそこそこよく、使い勝手の良い低刺激ボディソープ。
スキンケア成分の配合はあまりなく、洗浄剤の質の良さのみで勝負しようという意図が見えます。


[PR]

イヴァンカ 天然ボディソープ の全成分:

グリチルリチン酸ジカリウム,ヒアルロン酸Na-1,アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン,グリシン,β-ラウリルアミノプロピオン酸Na,PCAイソステアリン酸POEグリセリル,N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩,ボタンエキス,シソエキス-1,オレンジ油,クエン酸,濃グリセリン,フェノキシエタノール,精製水,ラウラミドプロピルアミンオキシド,PPG-2コカミド

主な成分の解説をみるグリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩は防腐剤の一種で、抗菌作用。
ボタンエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、皮脂の抑制、抗炎症作用、抗菌、抗アレルギー作用。
シソエキスは抗炎症、防腐、収れん作用を特徴とするペリラアルデヒド、α-リモネンなどを含有。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
ラウラミノプロピオン酸Naはアミノ酸系洗浄剤で、pHが酸性でも安定。穏やかな洗浄力とコンディショニング効果、増粘、刺激緩和作用を付与。
[PR]
イヴァンカ 天然ボディソープ 2017 (c)シャンプー解析ドットコム