[PR]

卵白のタンパク変性とはこのことだ!



再び、卵の登場です。


※前回の記事はコチラ..卵白が白くなるとダメシャンプーなのか?検証。


前回は、シャンプーの良し悪しで卵白が白くなるの?という検証をしてみました。

今回は、卵がタンパク変性するとどうなるの?というそもそもの疑問を解決してみましょう。

それでは、

実際に卵をタンパク変性させてみましょう!


用意するもの:フライパン。


再び、卵白を用意。

よーく熱したフライパンに、、注ぎます!!









はい、できあがりました!

これが、卵のタンパク変性です。

タンパク質の構造が熱によって変化し、性質が変わること=変性することを言います。

卵白の場合、一番の特徴は固まるという点にあります。

また、アルカリ性の環境下でもタンパク変性を起こします。


さて、前回実験したあの試験管、あれから、2日間放置してみました。



その結果がこちら。


いくつかの試験管では、このように中身が完全に固まっていました。洗おうとしても簡単に落ちてはくれません。

逆に、マイルドなシャンプー群はいとも簡単に中身が流れ落ちました。



その中で、最も中身が固まってしまったシャンプー、それは、、

食器用洗剤、JOYでした。



見た目は透明なのに、中身は完全に固まっていました。

もはや、水圧をかけて洗おうとしても全く落ちないくらい固まっています。

メリットシリーズも、なかなかの固まり具合でしたが、しっかり洗浄すればヌルっとジェル状の中身が落ちてきました。

シャンプーの粘度にも多少影響されますが、

悪影響に強いシャンプーほど、卵白が固まる傾向にあるとは言えるようです。


卵白が白く濁る度合いは、JOYを見ればわかるように悪影響との関連性があるとは言えないようです。





シャンプー解析ドットコム


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
[PR]