ビューナ 薬用UVホワイトニング50の解析結果

総合順位

2

総合得点 5点満点

4.58
成分数エキス系特効ダメ
35820
  • ビューナ 薬用UVホワイトニング50の詳細情報
  • コモライフ(株)の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6417
  • [容量] 50ml
  • [参考価格] 2678円
  • [1mlあたり] 約 53.56円

ビューナ 薬用UVホワイトニング50解析チャート

ビューナ 薬用UVホワイトニング50の解説

紫外線カバーだけじゃない。

ほぼ美容液と呼べるレベルの製品



強力な美容効果と、先進的な安全性高いカバー効果。

迫力のカバー力を持ちながら、肌に刺さることなく、そっと包み込むような効果。



きめ細かく、透明感のある仕上がりがナチュラルで厚塗感のない印象を与えます。



単純にホワイト感を演出するだけでなく、美白効果も遠慮がありません。

油溶性ビタミンCを筆頭に、プルーン、アーティチョーク、セイヨウナシ、ニーム、アルピニアカツマダイなどの天然美白エキスを大量に投入。



紫外線を効率的に跳ね返しながら、肌のメラニン生成も抑制し、かつ活性酸素も除去する多彩な効能。



紫外線吸収・散乱作用のバランス、効能の高さは言うまでもなく優れたSPF50,PA+++。

圧倒的にナチュラル仕上げを期待できますので、ぜひ試してみてほしい製品の1つです。

ビューナ 薬用UVホワイトニング50の全成分

1グリチルレチン酸ステアリル

油溶性抗炎症成分です。

2トラネキサム酸

人工的に作られたアミノ酸です。美白効果があるとされ、シミ・肝斑の改善などに用いられる素材ですが、その効果はあまり高いものではないといえます。

3デカメチルシクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

4ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体

ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体はポリエーテル変性型シリコーンオイル。無臭化シリコーンオイルです。

5パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル

紫外線吸収剤。UV製品ではメジャーな素材ですが、吸収量が多くなると次第に酸化刺激が肌を襲うため、万能では無いことに注意。使用感はやや粘り気を伴うが、べたつくほどではない。

6メチルフェニルポリシロキサン

3次架橋構造をした微細な粒子をジフェニルシロキシフェニルトリメチコンで膨潤させたゲル。サラサラ感、マット感の付与。

7微粒子酸化チタン

一般的な酸化チタンと比べ遥かに小さいサイズであるため、透明感の高い仕上がりが期待されます。紫外線を選択的に反射し、可視光な透過させ、肌の透明感をアップさせる効能。

8酸化亜鉛

紫外線UVA散乱剤として用いられる他、抗菌作用を活かして消臭剤に使われることも。

9水酸化アルミニウム

10メチルハイドロジェンポリシロキサン

ポリジメチルシロキサンのメチル基の一部を水素に置換した素材。無色透明・低粘度のハイドロジェンシリコーンオイルで粉体表面処理剤として用いられます。

11メチルシロキサン網状重合体

ポリメチルシルセスキオキサン。サラッとした潤滑性、展延性、撥水性などが向上します。

12マイカ

雲母のことです。別名含水ケイ酸アルミニウムカリウム。電気絶縁性や耐熱性に優れる安定した構造で、パールのような光沢を与えたい場合に多く用いられます。潤滑な感触を持つため、ファンデーションなどに使われます。

13酸化アルミニウム

アルミナとも呼ばれ、スクラブ剤としてのほか、ぼかし効果を与える白色顔料として用いられます。

14メチルポリシロキサン

ジメチコン。

15ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト

粘土成分ヘクトラクトに陽イオン界面活性剤を吸着処理して得られる有機変性の粘土系増粘剤です。皮膚刺激性はほぼ心配なく使える素材で、油性成分中でゲル化し、主に化粧品の硬さ、粘度を調整する役割です。

16トリメチルシロキシケイ酸

17テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル

油溶性ビタミンCです。肌バリア成分に馴染みながら浸透し、肌の奥でビタミンCとしての抗酸化作用を48時間超継続させる有用なエイジングケア成分です。活性酸素から細胞を守ります。

18天然ビタミンE

血行促進、抗酸化作用。

19スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

201,3-ブチレングリコール

BGと表記される成分です。グリセリンよりもさらりとした感触で、エキスなどの溶剤として、抗菌作用も付与する特徴があります。

211,2-ペンタンジオール

ペンチレングリコールとも呼ばれます。グリセリンなどのような多価アルコール類で、抗菌作用のある溶剤として用いられます。BGよりも低濃度で抗菌力を発揮できるため、低刺激性製品でも活用されます。

22グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル

23クエン酸ナトリウム

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

24ニーム葉エキス

メリアアザジラクタ葉エキスとも呼ばれ、奇跡の木のエキスという呼び名にふさわしく、強い抗炎症作用や明確な美白作用を与えます。

25アルピニアカツマダイ種子エキス

ショウガ科のアルピニア・カツマダイの種子から得たエキスです。カルダモニンという有効成分が含まれ、紫外線を浴びた際にメラニンの生成をさせない効果があります。

26アーティチョークエキス

メラノサイトの老化に伴うシミの予防効果。美白作用を提供。

27プルーン酵素分解物

28セイヨウナシ果汁発酵液

29カモミラエキス(1)

キク科カミツレの花エキスです。発汗作用、抗炎症、収斂、血行促進作用などを付与。

30ヒメフウロエキス

・ヒメフウロエキスは保湿、コラーゲン保護、抗炎症、抗シワ、皮膚弾力改善作用などを与えるプリンセスケアと呼ばれるエキス。

31ビルベリー葉エキス

・ビルベリー葉エキスはGABA産生促進作用、抗炎症、抗シワ、ヒアルロン酸産生促進、メラニン生成抑制、保湿、抗酸化作用。

32メマツヨイグサ抽出液

月見草とも呼ばれる植物のエキスです。γ-リノレン酸やポリフェノールを含み、肌の保湿、ハリ成分の強化を図ったり、美白作用などをもたらします。

33ホホバリーフエキス

チロシナーゼ酵素の活性を抑え、メラニン色素の生成を抑制する美白作用があります。

34ジブチルヒドロキシトルエン

BHT。

35d-δ-トコフェロール

販売元による宣伝文

毛穴やくすみを目立たなくさせ、肌を明るく見せます。SPF50、PA+++で紫外線をしっかり防ぎます。美白成分(トラネキサム酸)と抗炎症成分(グリチルレチン酸ステアリル)を配合した医薬部外品処方。

ビューナ 薬用UVホワイトニング50を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。