エルベナ 薬用エルベナソープ の解析結果

総合順位

総合得点 5点満点

成分数エキス系特効ダメ

エルベナ 薬用エルベナソープ 解析チャート

エルベナ 薬用エルベナソープ の解説

石鹸と炭に真珠のような光沢を混ぜた一品。



ちょっとしたオマケ付きながら、基本的には石鹸そのもの。

皮脂というか、肌バリアを余分に落としてしまう石鹸のデメリットを考慮すれば、積極的に使いたくはないタイプです。

炭の配合で、なおさらバリアも奪ってしまうことを考えれば、イマイチ。

エルベナ 薬用エルベナソープ の全成分

1グリチルリチン酸ジカリウム

細胞レベルで抗炎症作用をもたらす甘草由来の素材。また、白血球内の免疫細胞を強化する働きもあるとされています。

2石けん用素地

3濃グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

5ゲラニオール

バラに似た香料で、防蚊効果を有する。

6ヒドロキシエタンジホスホン酸液

7白糖

8ソルビット

9カモミラエキス

キク科カミツレの花エキスです。発汗作用、抗炎症、収斂、血行促進作用などを付与。

10アロエエキス

11オウゴンエキス

シソ科コガネバナの根より抽出したエキスです。抗炎症・抗アレルギー作用をはじめ抗酸化作用・美白作用・収斂作用などを付与。育毛系の製品でもよく利用されるように、男性ホルモンを抑制する効果があります。

12レイシエキス

霊芝エキスです。サルノコシカケ科マンネンタケから得られます。β-グルカンを多く含み免疫賦活作用を付与します。

13カンゾウエキス

14カンゾウフラボノイド

15アルキル(8~16)グルコシド

16薬用炭

17黒酸化鉄

18雲母チタン

19香料

香りづけ。

201,3-ブチレングリコール

BGと表記される成分です。グリセリンよりもさらりとした感触で、エキスなどの溶剤として、抗菌作用も付与する特徴があります。

販売元による宣伝文

有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウムを配合し、肌荒れを防ぎながら、薬用炭が毛穴の汚れや不要な角質を吸着して落とします。和漢植物成分配合で潤いを与え、洗うたびに透明感のあるなめらかな肌へと導く、80日間かけて熟成させた手作り石鹸です。ほのかなラベンダーの香り。

エルベナ 薬用エルベナソープ の関連商品

エルベナ 薬用エルベナソープ を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。