Fプロテクト クラッキングスカルプの解析結果

カイセキストア+で購入

総合順位

1

総合得点 5点満点

6.38
  • 販売元株式会社 フィヨーレ コスメティクス
  • 英名FIOLE COSMETICS CO.LTD.
  • 郵便番号〒1110055
  • 住所:東京都台東区三筋2-23-6
  • 電話番号0358210216
  • メール
  • web公式サイト
成分数エキス系特効ダメ
491970
  • Fプロテクト クラッキングスカルプの詳細情報
  • フィヨーレの関連商品
  • [JANコード] 4562210013219
  • [商品ID] 5507
  • [容量] 190ml
  • [参考価格] 1650円
  • [1mlあたり] 約 8.68円
Fプロテクト クラッキングスカルプ解析チャート

Fプロテクト クラッキングスカルプの解説

とんでもないトニックが登場した

これ以上のトニックがあるのか

超一級品といえるトニック剤はこれです。

何が凄いって、素材のクオリティ、コストパフォーマンス、炭酸の効果、美容効果の高さが段違いに素晴らしいのです。

もちろん、ミノキシジルの倍の育毛効果を持つと言われるキャピキシル(アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス)の配合もあって、単に育毛効果を狙うだけでもトップクラスの性能を持っています。

トニックと言うと、育毛、と思われがちですが、クラッキングスカルプは頭皮の美容液としても圧倒的なクオリティを持っているのです。

本当に最重要な部分だけでも紹介します

毛細血管を強化する温州みかん果実水をベースに(これだけでも驚きだが)、ミツイシコンブエキス、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキスといったベース素材はほとんどトップクラスに近い育毛力と、少ない副作用を特徴とした良成分です

さらに、ビタミンA、油溶性ビタミンC、ビタミンEが強力に抗酸化作用を発揮して頭皮の老化を抑制すれば、 ショウガ根エキス、メントール、二酸化炭素などの血行促進作用が育毛をより現実的なものにする。

特に、ミツイシコンブエキスは副作用の強いミノキシジルに取って代わる安全成分と話題の成分であるし、 アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキスはキャピキシルと呼ばれるミノキシジルの3倍の育毛力を持つと言われる組み合わせです。

これで期待するなという方が難しい。

それなのに、なぜこれほどお求めやすい価格なのか。 驚異的なことが多すぎて困惑を覚えるトニック剤だが、

まだ利点があります。

この製品はスプレー状に噴射するタイプだが、髪をかき分けなくても直接頭皮に届く適度な圧が気持ちいい。 そして、使いやすい。

まだまだ利点があります。

単なるトニックではなく、クラッキングトニックです。

パチパチ、と頭皮に噴射した後しばらく弾ける。

これが、頭皮の血行を持続的に改善させる秘密。

どんだけ本気なんだ。

と思うでしょう、この製品を使ったら、他のトニックが物足りなく色褪せます。

ただし、クラッキングな刺激は割と強め。

血行促進力が強いがゆえに頭皮を刺激する力も強いので、頭皮の弱い人は少しずつ頭皮に慣れるまで量を抑えながら使うべし。

それだけ気をつければ、この製品のすばらしさが頭皮全体を駆け巡る感覚をあなたも体感できるでしょう。

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。
メントール
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
・ショウガ根エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、抗菌作用、血行促進作用、免疫増強作用、発汗作用。
ショウガ根エキス
アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。
カミツレ花エキス
強い抗酸化作用を持つほか、男性ホルモンを抑制する働きがあることから、皮脂分泌をコントロールする効果を期待できます。また、男性ホルモン由来の男性型脱毛を予防する働きも
ザクロ花エキス
シナノキ科シナノキの葉や花から得たエキスです。シナノキエキス、とも呼ばれます。タンニン、フラボノイドを含有し、抗菌・抗炎症・血行促進作用、収れん作用を付与。
フユボダイジュ花エキス
シソ科タチジャコウソウの地上部から水、
エタノール、グリコール類などによって抽出されて得られたエキス。精油、サポニン類を含んでいます。また、ワイルドタイムエキスは、植物エキスの中でも最高峰のフィラグリン産生促効果をもっています。フィラグリンとは、天然保湿因子(NMF)の元になるタンパク質です。
皮膚中に含まれるフィラグリンを増やすことは、お肌に天然保湿因子を自力生産させ、肌本来の潤いを取り戻すことにつながると考えられています。
ワイルドタイムエキス
キャピキシル素材の1つです。男性ホルモン由来DHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す「5αリダクターゼ」にはⅠ型・Ⅱ型があり、特にⅡ型がより脱毛に影響を与えているとされている。アカツメクサ花エキスは、Ⅰ型だけでなくⅡ型の抑制効果があり、男性型脱毛に非常に効果が期待される。
アカツメクサ花エキス
キク科カミツレモドキ科植物の花から得たエキス。抗菌・消炎・血行促進作用などを付与。
ローマカミツレ花エキス
バラ科吾亦紅のエキスです。タンニン、サポニンを含み、血行促進、抗菌作用などを呈します。
ワレモコウエキス
・ローヤルゼリーエキスは免疫増強作用、 抗菌作用、 保湿作用、 皮脂分泌調節作用を示します。
ローヤルゼリーエキス
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
皮膚細胞賦活作用、収斂、消炎効果の他、コラーゲンを増やす効果(線維芽細胞コラーゲンレセプターの量増加)があるといわれます。
セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス
天然防腐剤として使われることの多い成分ですが、実は光毒性があり、一般的な防腐剤よりもリスクの大きい素材です。
グレープフルーツ果皮油
オレンジの果皮から得たオイルで、ビタミンA,B,C,Eやフラボノイドなどを含有し、美白作用、殺菌作用、整肌作用などを付与する。また、脱脂力も有するのでクレンジングの助剤として使われることも。原液でなければさほど心配いらないが、光毒性を僅かに持つためにその点は注意が必要。
オレンジ果皮油
若干光毒性の懸念がある。
レモン果皮油
マジョラムとも呼ばれます。シソ科、ハナハッカ、マージョラムなどの別名も。ヒアルロン酸の産生を促進する効果があり、肌シワの軽減を期待。
マヨラナ葉エキス
ネロリとも呼ばれます。リナロールが主成分で鎮痛、保湿、抗炎症、抗ウイルス作用を付与し、精油としても香りが好まれるものです。
ビターオレンジ花油
キャピキシルを構成する素材の1つです。毛包に直接作用し、毛包活性化を促すことで育毛に寄与します。アカツメクサエキスとセットでミノキシジルの数倍の育毛作用をもたらすと考えられています。
アセチルテトラペプチド-3
ウンシュウミカン果実水はビタミンCを多く含み、抗酸化作用に優れます。


また、みかんに含有するリモネンは、皮膚の水分蒸散を防ぎ、保湿効果を付与。
美肌・アンチエイジング効果の繊維芽細胞増殖作用があります。
みかん産地である愛媛県で取れた温州みかんを使用。
ウンシュウミカン果実水

過去に数々の育毛系トニック剤は発売されてきましたが、この製品ほどインパクトが強いものはなかった。

販売元による宣伝文

頭皮環境を整え、髪や頭皮の悩みをケア・みずみずしい保湿感と清涼感が心地よく持続する、頭皮用のバランスコントロールスプレーです。・柑橘系の果実から得られた天然水(ウンシュウミカン果実水)とエッセンシャルオイルの香りがフレッシュに弾けます。(合成香料フリータイプ)・頭皮環境を整え健やかな状態へサポートする8つのバランスコントロール成分配合。