メディスキンキッズ ナチュラルフェイス&ボディーソープ

総合順位

16

総合得点 5点満点

3.75
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
291100
  • メディスキンキッズ ナチュラルフェイス&ボディーソープの詳細情報
  • 株式会社メディスキンの関連商品
  • [JANコード] 4573140620064
  • [商品ID] 7184
  • [容量] 320ml
  • [参考価格] 2700円
  • [1mlあたり] 約 8.44円
メディスキンキッズ ナチュラルフェイス&ボディーソープ解析チャート

メディスキンキッズ ナチュラルフェイス&ボディーソープの解説

肌への優しさが抜群

とことんマイルド

非イオン界面活性剤ラウリン酸ポリグリセリル-10をベースとしているあたり、ベビーシャンプー並の刺激性の低さを特徴としているのがわかります。

ただ単にマイルドがだけではなく、アミノ酸系洗浄剤のココイルグリシンKを加えるなどして洗い心地としてはよくあるシャンプーっぽくなっています。そのため、マイルドすぎて泡も立たないというような羊羹に問題があるということはないでしょう。

さらに注目したいのが 、、ゲットウ葉油、シイクワシャー種子油、コシロノセンダングサエキスといった沖縄にルーツを持つような成分が多く含まれていること。これらの素材が紫外線からのダメージを防ぎつつ、肌バリアの増殖を促進する働きを付与します。ボディソープでありながら美容効果を期待できると言う構造になっているのですね。

パラベンやフェノキシエタノールのような通常の防腐剤を使わず、カプリル酸グリセリル、レモン果皮油などの植物由来成分で構成しているところも優しさをアピールする狙いがあるものと思われます。

セラミド配合で肌バリア

肌バリアの主成分として知られるセラミドも配合しています。セラミドにもいくつか種類がありますが、セラミドNG、セラミドAG、セラミドNP、セラミドAPと幅広く処方されているのが喜ばしいですね。水添レシチンや乳酸なども含め、肌本来のバリア機能成分を補給しようという意図がよく見て取れます。

よくある石鹸タイプのボディソープとは違い、肌がつっぱるほどにさっぱり洗い上げるというような感触ではありませんが、肌を優しく包み込むように洗いたいという場合にはうってつけの製品と言えるでしょう。

キッズ向けということで、子供のややセンシティブな肌にぴったりと言える内容です。

洗浄とスキンケアを両立させている

値段だけ見るとやや割高な印象を受けるのは否めませんが、ただ単に洗うというだけの石鹸と違い、とてもセンシティブに洗浄をしながら、美容液のような役割を肌に残せるという点では一つで二役も3役もこなしているという見方ができます。

そのような意味で、メディスキンキッズ一本で肌をトータルケアできると考えて投資するのは悪くない考え方かもしれません。メディスキンキッズが子供向けで最上な選択肢、とまでは断言しませんが、それだけの価値がある意味はある、ということはお伝えできると思います。

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
ダイズステロール
炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。
プロパンジオール
オレンジの果皮から得たオイルで、ビタミンA,B,C,Eやフラボノイドなどを含有し、美白作用、殺菌作用、整肌作用などを付与する。また、脱脂力も有するのでクレンジングの助剤として使われることも。原液でなければさほど心配いらないが、光毒性を僅かに持つためにその点は注意が必要。
オレンジ果皮油
ベルガモット果実油
若干光毒性の懸念がある。
レモン果皮油
アミノ酸洗浄剤として知られますが、アミノ酸型の中ではトップレベルの脱脂力と肌刺激性を持つ成分です。石鹸と同様につっぱるような仕上がりとなり、またアルカリ性下で泡立ちや洗浄性が発揮される特徴があるため、強く洗いたい場合に用いられます。逆言えば、ダメージ毛や肌の弱い方には、配合されていることが全く不適切な素材といえます。
ココイルグリシンK
ショウガ科月桃の葉から得たエキスです。コラーゲン合成促進、線維芽細胞増殖促進作用などを示します。
ゲットウ葉油
インドレモングラス油
糖系の非イオン界面活性剤で、洗浄性と泡立ちが優れます。他の洗浄剤と組み合わせて刺激性を抑制したり、使用感を改善する目的で使われます。
デシルグルコシド

洗って守る、1つで二役以上



洗浄性が非常にマイルド

販売元による宣伝文

皮膚科医「友利新」が開発したキッズのためのスキンケアシリーズ

汗やムレを原因とするものだけでなく、通常頭皮は油分が多いですが、油分を保持する力が弱いため、乾燥も大変しやすい部位です。
つまりキッズの頭皮ケアは、「洗浄」と「保湿」がポイントとなってきます。
また、動き回り、泡を怖がる子供に、短時間で優しく頭皮を洗浄してもらうためには、最低限の「界面活性剤」を使用する ことで利便性を高め、「保湿」にはラベンダー油とツバキ種子油が重要な役割を果たします。
そこで、メディスキンキッズでは、界面活性剤を本当に必要最低限に絞り、これから成長過程で使用することになるだろう 化学成分も母親目線で本当に安全なものだけを選び配合しています。

【ポイント! 】
●厳選した界面活性剤で、髪にも頭皮にも優しいノンシリコン「シャンプー」。
●泡状で出るポンプ式♪
●頭皮ケアは「洗浄」と「保湿」がポイント! 汚れはしっかり洗浄し、ラベンダーやツバキ種子油で皮脂を補います。

きっかけは成長した子供のために・・・医師で2児の母でもある「友利 新」が本当に使いたいアイテムを開発!
息子が2歳を迎えた頃、大人と同じ肌の厚みを持つと言われる2歳児以降のスキンケアを、 今一度見直したいと考えるようになりました。
医師の立場から必要な化学成分を見直し、優しい洗浄→たっぷり保湿がしっかり行うことのできるアイテムの開発に1年取り組みました。
医師として、母親として、今できるすべての知識と愛情を注ぎ込んだ商品を、ぜひお試し頂ければ幸いです。

【キッズ予防スキンケアとは】
成長期の肌トラブルから「洗浄」と「保湿(バリア)」で子どもたちの笑顔をサポートする
それが「キッズ予防スキンケア」です。

●髪にも頭皮にも優しいノンシリコン
幼児期の髪は細く絡まりやすくなっています。また、頭皮は汗をかきやすく蒸れやすいですが、皮脂は少ないため水分保持能力が低く、乾燥しやすい特殊な環境となっています。
ですので、不必要な汗や汚れはしっかり洗浄することが必要ですが、大切な 皮脂は残し、さらに必要な皮脂を補う必要があります。
そこでメディスキンキッズでは、最低限の界面活性剤で汚れを優しく洗浄し、ラベンダーやツバキ種子油で皮脂を補うようにしています。
また、シリコンなどは幼児期に必要ないと考え、シャンプーだけでなく、国内では数少ないノンシリコンのコンディショナーを開発 しました。
スクワランやシア脂、オリーブオイルなどをたっぷり配合する事で、ノンシリコンでも指通りの良いサラサラヘアーを 作ることができます。
メディスキンキッズ ナチュラルフェイス&ボディーソープの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。