RAISE SCALP SHAMPOO forWomenの解析結果

総合順位

241

総合得点 5点満点

3.22
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
3921210
  • RAISE SCALP SHAMPOO forWomenの詳細情報
  • RAISEの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 5821
  • [容量] 295ml
  • [参考価格] 3600円
  • [1mlあたり] 約 12.2円

RAISE SCALP SHAMPOO forWomen解析チャート

RAISE SCALP SHAMPOO forWomenの解説

とてもとても、中途半端

良い素材も散見されるのに、そしてお値段も結構強気な設定であるのに、

全体的に安っぽさを感じさせるのが残念。

ラウレス硫酸ナトリウムベースである時点で、4000円近い値付けには疑問を感じざるを得ませんが、



ペリセア、セラキュートをはじめエキス類の配合にも一定の力を入れているだけに、非常に中途半端な出来栄えになってしまった。



端的に言えばお金のとれないクオリティとも言える。



総じて安っぽく作られたシャンプーの中に、いくつか質と聞こえの良い素材を混ぜ込んだ程度のレベル。



これでは戦えない。

RAISE SCALP SHAMPOO forWomenの全成分

1グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

2塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルグァーガム

3塩化Na

4精製水

5香料

香りづけ。

6ジステリアン酸エチレングリコール

72-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・2-ヒドロキシ-3-メタクリロイルオキシプロピルトリメチルアンモニウムクロリド共重合体液

8ジラウロイルグルタミン酸リジンナトリウム液

9無水エタノール

無水エタノールとは、エタノールを99.5vol%以上含有するということです。消毒用エタノールは76.9~81.4vol%含有。

10ニンジンエキス

・ニンジン抽出液はオタネニンジンのエキスで、多くのサポニンを含み育毛・血流促進作用を付与。

11ローマカミツレエキス

・ローマカミツレエキスはキク科ローマカミツレより抽出、抗炎症効果に優れ、肌荒れ防止、育毛、抗菌、抗フケ、カユミ防止目的で使われる。

12ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

13マツエキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

14ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

15ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

16ヤシ油脂肪酸アミドプロビルベタイン液

17塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロビルヒドロキシエチルセルロース

18EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

19無水クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

20サリチル酸

強い殺菌性、抗炎症効果を持つ合成有機化合物です。皮膚刺激性がやや高いため、肌の弱い方にはリスクが大きめの成分ですが、ニキビ対策製品などに頻出します。同様に、フケの殺菌用としても用いられることがあります。

21フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

22加水分解ケラチン液

主に羊毛ケラチンが用いられる。髪の弾力・コシを与える効果ある。

23大豆たん白加水分解物

24ホホバ油

ホホバはアメリカ・メキシコ原産の常緑低木。その種子より得られたオイルです。マッサージオイル・各種キャリアオイルとして、またシャンプー、トリートメントなどに配合され潤いを髪・肌に与えます。

25オレイン酸POE(20)ソルビタン

26水酸化大豆リン脂質

271,2-ヘキサンジオール

28BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

29ヤシ油脂肪酸アシルアルギニンエチル・DL-PCA塩

30アロエエキス-2

31グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体

セラキュートです。セラミドに似せた構造と、高分子形状による被膜形成能などで髪や肌に弾力を付与します。エイジングケア効果を纏う機能性素材として有効。

32チョウジエキス

フトモモ科丁子のエキスで、クローブとも呼ばれます。ガロタンニン、オイゲノール、ベンズアルデヒドなどが主成分で、抗菌・抗炎症・血行促進作用などを付与します。

33濃グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

34アルニカエキス

キク科植物であるアルニカの花・根から得たエキスです。カロチノイド、タンニン、トリテルペノイド、サポニン、フラボンなどを含み、血行促進・抗酸化・抗炎症・抗菌・収れん作用などを付与します。

35オドリコソウエキス

・オドリコソウエキスはシソ科でタンニン、フラボノイドを含有するエキス。収れん作用、抗炎症作用、肌荒れ改善、皮脂の過剰な分泌を抑制し、育毛作用を期待されます。

36オランダカラシエキス

セリ科オランダカラシから得たエキス。辛味配糖体シニグリン(ミロン酸カリウム)やビタミン類を含み、血行促進作用、抗菌作用、発毛・皮膚細胞活性化作用があるとされます。

37ゴボウエキス

38セイヨウキズタエキス

ウコギ科西洋木蔦から得たエキスです。サポニン、フラボノイドを含み、抗炎症・抗菌・抗酸化作用・清浄作用を付与します。

39ニンニクエキス

ユリ科ニンニクのエキスです。高い抗菌作用と血行促進作用をプラスします。

販売元による宣伝文

弾力のある泡
頭皮に必要な美容成分配合
髪に優しい洗浄成分

RAISE SCALP SHAMPOO forWomenの関連商品

RAISE SCALP SHAMPOO forWomenを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。