ミュリアム リニューオイル


[製造販売元] ナンバースリー



総合順位
46位

総合評価 5点満点
2.87

        
素材
64%
安全性
48%

コスパ 

26%

環境 
56%
補修力
48%
ツヤ 
76%
感触 
64%

成分数エキス系特効ダメ
30000

[参考価格] 120ml 4104円
[1mlあたり] 約34.2

ミュリアム リニューオイルの解析

UVケアとスムースタッチのアウトバスオイル。

紫外線吸収剤の存在感もなかなかですが、タッチとしてはエモリエント&スムースなシルキー仕上げとなるでしょう。

そのレベルは中程度。

トップクラスではありませんが、そこそこ満足感を得られる可能性を秘めた内容です。

注目ポイント フラーレンの抗酸化力も激しいですが、モリンガのユニークなタッチを軸にした潤滑性が他と違いを見せそうです。

UVケア効果もあり、髪にとっては嬉しい栄養補給といったイメージといえるでしょう。

注意点 強いて言えばリンゴ酸やUVケア成分が吸収剤である点が少し肌に刺激となる可能性を秘めますが、この製品の場合配合量や成分の種類から考えてほぼ安全といっていい程度です。

総評 充実したエモリエント性とUVケア効果を併せたバランス良くマイルドなオイルで、好感度は比較的高い製品といえます。

安心して使えて、しかもクオリティもまずまず高い設計ですから試す価値はあると言っていいでしょう。


ミュリアム リニューオイルの全成分

1シクロメチコン

2ジメチコノール

3安息香酸アルキル(C12-15)

4アモジメチコン

5ジメチコン

6水添ポリイソブテン

7フラーレン

8ワサビノキ種子油

9ローズヒップ油

10マカデミアナッツ油

11ホホバ種子油

12オリーブ油

13ヒマワリ種子油

14リンゴ酸

リンゴ酸は、天然ではリンゴなどの果実に多く含まれている有機酸のことです。ブドウ酸を還元する方法でも合成することができます。高配合で肌に刺激となることも。髪の表面を潤滑させたり、pHを整える効能も。

15マカデミアナッツ脂肪酸エチル

16イソステアロイル加水分解シルク

・イソステアロイル加水分解シルクは油性成分(イソステアリン酸)と加水分解シルクから作られた毛髪になじみのよい保護成分。

17イソステアロイル加水分解コラーゲン

18スクワラン

19ポリシリコーン-15

20オクトクリレン

21ホモサレート

22t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンはUV-Aを吸収するタイプ。UV-A吸収剤としては特に頻繁に使われます。

23イソステアリン酸

24メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

紫外線吸収剤。UV製品ではメジャーな素材ですが、吸収量が多くなると次第に酸化刺激が肌を襲うため、万能では無いことに注意。使用感はやや粘り気を伴うが、べたつくほどではない。

25ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミドです。セラミドを模倣した素材で、保湿効果を付与。

26トコフェロール

27ラノリン脂肪酸

28アルガニアスピノサ核油

29コレステロール

30香料

 

メーカーの紹介文

保湿効果の高い成分を独自の配合でブレンド。
髪内部の間充物質のすみずみにまでうるおいを届け、髪1本1本の根元から毛先までしっとりと若々しい髪へと導きます。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。