ファシナート インナー エレメンツ エマルション EX


[製造販売元] フィヨーレ


素材 7.17.1%安全性 4.34.3%コスパ 3.53.5%環境 3.33.3%補修力 3.23.2%ツヤ 4.14.1%感触 5.85.8%
成分数エキス系特効ダメ
641080

[参考価格] 100ml 1944円
[1mlあたり] 約19.44

解析

格が違うアンチエイジング効果

髪にも頭皮にも最高レベルの良い影響を与えようというファシナートならではのアウトバストリートメント。

[PR]
基本はまず髪用と考え、シリコン類のベースがエモリエントな皮膜形成、さらにヒートプロテイン(シルク)が熱反応で強度を増し、ヒアロベールの持続する保湿、ペリセア+ヘマチンの補強効果が髪を芯から強くする、 多彩は効果を一度に与えることが可能な設計になっています。

仕上がりとしてはサラサラ感が非常に感じられつつ、潤いを閉じ込めているという具合です。

しかも、頭皮に対してはオマケどころではなく、スカルプローションのカテゴリに入れてもトップクラスになるレベルの本気配合。

総合すると、 髪はもちろん、頭皮もこのように相当なアンチエイジング効果を受けることが可能です。

非常に重要な抗酸化作用をはじめ、アンチエイジングの肝である抗糖化作用、抗シワ効果、くすみ除去に保湿、美白、毛穴収縮効果、皮脂コントロール、消臭などなど、数えきれないほどの効果がハイレベルで実現。

ここまでの商品は他ではなかなか見つけるのが難しいでしょう。

まして、中身からしたら有り得ないほどリーズナブルなこともフィヨーレというブランドのなせる技。

これも、買いですね。



全成分

1
2 エタノール
3 ジメチコン
4 グリセリン
5
6 ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム
・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

7 加水分解ヒアルロン酸
8 ワサビノキ種子エキス
9 サトウキビエキス
・サトウキビエキスはイヌリンを含む高い保湿効果と角質柔軟作用を与えます。
10 カキタンニン
・カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を付与。
11 ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。
12 コメヌカスフィンゴ糖脂質
13 水添レシチン
14 リゾレシチン
15 パルミチン酸レチノール
・パルミチン酸レチノールはビタミンA誘導体で、抗シワ、抗老化、たるみ、シミ、乾燥を防ぐ効果を付与。ただし、摂り過ぎは副作用の懸念あり。
16 トコフェロール
17 テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
・テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは脂溶性ビタミンC。皮膚への浸透性が高く、48時間以上持続する抗酸化作用を付与。
18 パンテノール
19 プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス
頭皮の抗老化、抗糖化による抜け毛防止効果。
20 セイヨウオオバコ種子エキス
セイヨウオオバコの葉には多糖類やフラボノイドのアピゲニン、ルテオリン、タンニン、有機酸、粘液質を含み、種子にはリノール酸やオレイン酸、配糖体などを含有。 特に、非常強い抗糖化作用があります。 糖化は、肌の老化現象のひとつ。 肌にあるコラーゲンが糖質や酸化などで変質を招きます。これは、元に戻れない老化現象です。 セイヨウオオバコエキスは真皮のコラーゲンや表皮のケラチンなどのたんぱく質の糖化を防ぎ、透明感や柔軟性のある肌へと導いてくれます。
21 アルギニン
22 アスパラギン酸
23 グリシン
24 アラニン
25 セリン
・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。
26 バリン
27 プロリン
28 トレオニン
29 イソロイシン
30 ヒスチジン
31 フェニルアラニン
32 グルタミン酸
33 オレンジラフィー油
・オレンジラフィー油配合。深海魚オレンジラフィーから抽出した高い安全性のワックスエステルで、べたつかず、さっぱりした感触。軽度アトピー性皮膚炎、乾燥敏感肌、毛髪表面潤滑作用を付与します。
34 ベタイン
35 エーデルワイスエキス
36 ヤナギハッカエキス
37 スクテラリアアルピナ花/葉/茎エキス
抗酸化作用・細胞保護作用・消炎作用・抗菌作用。
38 エピロビウムフレイスケリエキス
39 リヌムアルピヌム花/葉/茎エキス
40 (ジメチルアクリルアミド/メタクリル酸エチルトリモニウムクロリド)コポリマー
41 ポリクオタニウム-6
42 ポリクオタニウム-10
43 ヘマチン
・ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進など、幅広い有効性を与える。近年、過酸化水素の除去能が白髪の抑制に役立つ可能性も取り沙汰されている。
44 ピーナッツ油
45 スクワラン
46 アミノプロピルジメチコン
47 ジ(カプリル酸/カプリン酸)PG
48 PPG-1トリデセス-6
49 オレイン酸ソルビタン
50
51 PCA
52 PCA-Na
53 乳酸Na
54 ソルビトール
55 マンニトール
56 クエン酸Na
57 硫酸亜鉛
・肌の引き締め成分として硫酸亜鉛を添加しています。
58 BG
59 メチルパラベン
・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

60 プロピルパラベン
61 安息香酸Na
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
62 フェノキシエタノール
63 コハク酸2Na
64 香料

メーカーより紹介文

髪のボリューム感はそのままに、保湿することで乾燥から髪を守り、まとまりにくさを改善。
気になる髪のニオイは内部からのケア&外側からのガードで抑制し、ストレスフリーな状態へと導きます。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。