総合順位
372位

総合評価 5点満点
2.57

        
洗浄力
72%
素材
56%
安全性
52%
コスパ 
72%

環境 

24%

補修力
60%
ツヤ 
60%
感触 
60%
育毛
50%
洗浄剤
66%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
263010

[参考価格] 400ml 1620円
[1mlあたり] 約4.05

ビオシュヴ ヴァージンココナッツオイル ヘアシャンプー 優雅なミュゲと心地よいココナッツの香り の解析

[PR]
使用感は良いが、ややざっくりした作り

基本、アミノ酸型洗浄剤であったり、ヤシ油、バオバブオイルなどのエモリエント成分が多く配合されていることもあって、
しっとり感が強調された作りである製品です。


ただし、ラウレス硫酸Naによる洗浄力の補助や、とにかく感触改善ありきな処方も多く、とても良い品質であるという類ではないようです。



値段からしたらよく出来ているともいえますが、あまり人体への安全性や環境への負荷に気を遣った感じはなく、感触の良さを最優先にしたフシは見えます。


よくも悪くもない、平均的なレベル。


ビオシュヴ ヴァージンココナッツオイル ヘアシャンプー 優雅なミュゲと心地よいココナッツの香り の全成分

1

2ココイルグルタミン酸TEA

3ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

4コカミドDEA

5ラウラミドプロピルベタイン

6コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

7ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル

・お化粧のクレンジング剤として多用されるヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルですが、シャンプーに少量含まれる場合は加脂剤、つまりコンディショニング効果を目的として配合されたりします。

8ヤシ油

9バオバブ種子油

10アボカド油

11ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

12グリコシルトレハロース

13加水分解水添デンプン

14分岐脂肪酸(C14-28)

18-MEAを構成する脂肪酸。

15脂肪酸(C14-28)

16ポリクオタニウム-52

別名:N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸ジエチル硫酸塩・N,N-ジメチルアクリルアミド・ジメタクリル酸ポリエチレングリコール。いわゆる、リピジュア・もしくは、ソフケアとも呼ばれる。洗浄後のつっぱり感やきしみを抑制する作用。

17PEG-32

18ポリクオタニウム-10

19(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー

(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルクを加水分解テトラエトキシシランと加水分解アルキル(C6-10)トリエトキシシランの縮合物で架橋したもの。

20PEG-20ソルビタンココエート

21イソステアリン酸

22オレス-50

23クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

24安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

25EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

26香料

 

メーカーの紹介文

ダメージを補修し、髪を潤いで満たし、毛先までしなやかな髪へ導くシャンプー ダメージ(枝毛・切れ毛)ケア用です。
オーガニックヴァージンココナッツオイル・バオバブオイル・アボカドオイル配合。
オーガニックオイルの潤いが髪をつつみ込みます。
さらに、Wの毛髪補修成分(高密着ヒアルロン酸+18MEA)配合。
アミノ酸化系洗浄成分ベース処方で、なめらかな泡で髪と地肌をやさしく洗い上げ、潤いを与えてくれます。
優雅なミュゲと心地よいココナッツの香り。

ビオシュヴ ヴァージンココナッツオイル ヘアシャンプー 優雅なミュゲと心地よいココナッツの香り の関連商品

     

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。