総合順位
129位

総合評価 5点満点
3.34

        
楽天でケアテクトHBカラーシャンプーV を買う
ナプラ ケアテクト HB カラーシャンプー V 300ml [ハリ・コシ タイプ...
洗浄力
66%
素材
66%
安全性
78%
コスパ 
80%
環境 
80%
補修力
78%
ツヤ 
74%
感触 
86%
育毛
70%
洗浄剤
92%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
495640

[参考価格] 300ml 2160円
[1mlあたり] 約7.2

ケアテクトHBカラーシャンプーV の解析

[PR]
適度に洗浄性を持ちながら低刺激でしっとりしたタッチ。


補修効果は持続性を持ちながらハリ・コシ改善、潤い閉じ込めで髪をしっかりケアします。



しっかり質の高い逸品だと言えますが、このシャンプーに求められるボリューム感という観点ではもう一歩、もう一声ほしいところかもしれません。


ダメージを補修して洗い上げる性能は優れているものといえますが、ボリュームアップならもっと上がいるということで1個減点。


ケアテクトHBカラーシャンプーV の全成分

1

2ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

3コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

4コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

5スルホコハク酸ラウレス2Na

脱脂力はそこそこにあるが、肌への刺激性は控えめで生分解性も良い。さっぱり洗いたい方に向いている洗浄剤です。防腐剤に安息香酸ナトリウム。

6ココイルグルタミン酸TEA

7ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース

水溶性増粘剤。配合が容易で界面活性剤の刺激を緩和する作用。

8セテアレス-60ミリスチルグリコール

別名ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル。ゲル化・増粘作用を製品に与え、泡立ちを増したり、粘度を高めたりする素材です。

9ラウロイル加水分解シルクNa

10ヘマチン

・ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進など、幅広い有効性を与える。近年、過酸化水素の除去能が白髪の抑制に役立つ可能性も取り沙汰されている。

11加水分解ヒアルロン酸

12ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

13トレハロース

14ポリクオタニウム‐61

15(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン

16PCA-Na

17ベタイン

18ツバキ油

19加水分解ケラチン

20ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

21ソルビトール

22セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

23グリシン

24グルタミン酸

25アラニン

26リシン

27アルギニン

28トレオニン

29プロリン

30オトギリソウエキス

弟切草。セント・ジョーンズ・ワート(St. John's wort)という呼び方も。テリハボク科のハーブ、セイヨウオトギリソウ・コゴメバオトギリソウの花、または全草から抽出。創傷治癒や抗鬱、AIDSの治療薬としても。毛髪の成長を促す効果が期待される。

31カミツレエキス

32シナノキエキス

33トウキンセンカエキス

34ヤグルマギクエキス

35ローマカミツレエキス

・ローマカミツレエキスはキク科ローマカミツレより抽出、抗炎症効果に優れ、肌荒れ防止、育毛、抗菌、抗フケ、カユミ防止目的で使われる。

36PEG-20ソルビタンココエート

37ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

38オキシベンゾン-4

・オキシベンゾン-4は紫外線吸収剤ですが、吸収するほど肌を刺激しやすくなる面も。

39グリセリン

40BG

41塩化Na

42クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

43安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

44EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

45エタノール

46フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

47メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

48プロピルパラベン

49香料

 

メーカーの紹介文

カラーリングによるダメージを抑えて、美しく輝く髪色をできるだけ色褪せないように、髪と頭皮をしっかりケア。
 Vタイプは、ハリ・コシやボリュームが欲しい方にピッタリ!!香りもしつこくなくて、髪と頭皮にとてもやさしく洗いやすくなってます。
カラーシャンプーという事だけあって、カラー後のケアを真剣に考えて作られたシャンプーです。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。