総合順位
481位

総合評価 5点満点
2.65

        
洗浄力
60%
素材
52%
安全性
48%

コスパ 

36%

環境 
58%
補修力
56%
ツヤ 
56%
感触 
62%
育毛
74%
洗浄剤
76%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
151000

[参考価格] 150ml 3150円
[1mlあたり] 約21

こうねエクセレントシャンプー の解析

[PR]
自ら「エクセレント」と称している時点で胡散臭い予感がしますが、中身を見てその予感が的中した一品です。


(C12-14)パレス-3硫酸Naは強力な脱脂力・洗浄力で刺激性も懸念される洗浄剤。


ラウレス硫酸Naよりちょいヤバイくらいの成分。


こういうシャンプーに「ヒノキチオール」のような強力殺菌成分を入れてしまうあたりが、昔の発想の人が造ってますよー。

という背景を垣間見させてくれます。


馬油は整肌、保湿効果を期待できますが超微量。

ソウハクヒは美白ですが同じく超微量。


ベースの洗浄剤は他にココイルグルタミン酸TEAがシットリ感を付与、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコースが粘度増し増しですが
ベースの強力洗浄剤はやはり目を惹きます。


この品質で3000円超えは絶対に取りすぎ。


これといって利用者にメリットの少ない凡庸シャンプーです。


こうねエクセレントシャンプー の全成分

1

2

3ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

4

5PEG-150

6ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

7

8エチドロン酸4Na

9メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

10馬油

オレイン酸、パルミトレイン酸などを主成分とする、皮脂の組成に近いオイルです。皮膚馴染み、浸透性が優れ、肌の保護作用があります。

11

12竹酢液

13

14塩化Na

15BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

 

メーカーの紹介文

髪にツヤと潤いを与え、フケ・かゆみを防ぎます。
毛穴の汚れを落とし、髪と頭皮をいたわりながらきれいにします。
こうねエクセレントシャンプーは、濃縮タイプのシャンプーです。
使用量が少なくても泡立ちますので普段お使いのシャンプーの量の半分くらいを目安にご使用ください。

こうねエクセレントシャンプー の関連商品

     

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。