総合順位
452位

総合評価 5点満点
2.42

        
洗浄力
56%
素材
42%
安全性
46%

コスパ 

36%

環境 
74%
補修力
50%
ツヤ 
48%
感触 
54%
育毛
66%
洗浄剤
76%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
192100

[参考価格] 350ml 1523円
[1mlあたり] 約4.35

La Blue Bottle ラ ブルー ボトル ≪ カナロア B.B ≫ ノンシリコンシャンプー の解析

[PR]
どシンプルな構造のいわゆる無添加系シャンプー。


パラベンのような防腐剤を配合せず、ローズマリーやカプリル酸グリセリルのような成分で穏やかに抗菌効果を載せています。


洗浄剤はシンプルにラウロイルメチルアラニンNaのみといっても良いような構成。


アミノ酸系洗浄剤ですが比較的さっぱりと洗えるのが特徴。


穏やかにコンディショニング効果も載せます。


とても要素の少ないシャンプーで、洗浄剤と少しの保湿剤程度で成り立っている1本。


安全性が一般的なシャンプーより高いのは言うまでもありませんが、
使用感や仕上がりに関してはお世辞にもクオリティーを感じられるレベルではないでしょう。


少し感触が良く、少しさっぱり洗えるといった、全体的に中途半端で満足を得るには充分ではないかと見ます。


シャンプーとしては退屈とはいえ、
まずまず品質が高いのは否めません。


コンディショニング効果や使用感の上質さを犠牲にしても、中身の安全性をより重視される方向けむけと言える一品でしょう。


一般的なシャンプーよりも腐るのが早いのは間違いないでしょうから.早めに使い切ることをお勧めします。


La Blue Bottle ラ ブルー ボトル ≪ カナロア B.B ≫ ノンシリコンシャンプー の全成分

1

2ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

3ラウリン酸ポリグリセリル-10

4コカミドプロピルベタイン

5ラウリン酸ポリグリセリル-2

61,2-ヘキサンジオール

7カプリル酸グリセリル

・カプリル酸グリセリル、これだけで防腐剤として使われたりもしますが、単独ではやや弱いので配合量が多くなったりする可能性も。

8トレハロース

9ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

10グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

11ベタイン

12クエン酸

13ポリクオタニウム-10

14ポリクオタニウム-7

15塩化Na

16エタノール

17カラメル

18エチルへキシルグリセリン

19香料

 

メーカーの紹介文

髪本来のツヤへと導くノンシリコンシャンプー『カナロアB.B』。
少量で泡立ち、素早くすすげるので、毛髪の損傷を極力減らせます。
シリコンを使わず、髪に蓄積されにくいコンディショニング剤を採用。
また、サトウダイコンから抽出した天然のアミノ酸系保湿剤(ベタイン)を配合し、洗髪後のパサつきを抑えました。
パーマやカラーが思い通りに仕上がる、スタイリングしやすい健やかな髪に導きます。
「洗っている時だけ香る」微香性に仕上げました。
トップノート : レモン、アップル、ハニー / ミドルノート : ローズ、ミューゲ、ヘリオトロープ、ジャスミン / ラストノート : ムスク、ピーチ、ホワイトシダー

La Blue Bottle ラ ブルー ボトル ≪ カナロア B.B ≫ ノンシリコンシャンプー の関連商品

     

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。