ミレアムシャンプー


[製造販売元] デミ

[商品ID] 2856

洗浄力
58%
素材
50%
安全性
52%
コスパ 
82%
環境 
68%
補修力
54%
ツヤ 
48%
感触 
60%
育毛
72%
洗浄剤
76%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
132100

[参考価格] 800ml 2160円
[1mlあたり] 約2.7

ミレアムシャンプー の解析

元祖コストパフォーマンス系5つ星

サロン仕様の大容量・安心品質の元祖です。

シャンプー解析ドットコム創立当初から大注目を集めたサロンシャンプーの定番中の定番。

[PR]
マイルドな洗浄性、潤う使用感、ダメージヘアを包むコンディショニング作用、そして何より圧倒的低価格で満足させる、稀有な逸品・ミレアムシャンプーです。



もはや定番

シンプルな作りで、かつ低刺激・マイルド洗浄の作りながら高いコストパフォーマンスが嬉しい製品です。


ほどよくコンディショニング効果を有する洗浄剤をベースに、ダメージ毛もケアしながら洗い、洗浄力も程よく保持する使いやすい設定。


強いて言えばもう少し粘度が高ければ長期間使いやすいかな、と思いますが、まずここまでのクオリティでこの値段なら文句のつけようもないかもしれません。



遠慮無くドシドシ使いたい、サロン仕様のシンプルシャンプーです。


ミレアムシャンプー の全成分

1

2コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

3ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

4加水分解コラーゲン

5リンゴ酸

リンゴ酸は、天然ではリンゴなどの果実に多く含まれている有機酸のことです。ブドウ酸を還元する方法でも合成することができます。高配合で肌に刺激となることも。髪の表面を潤滑させたり、pHを整える効能も。

6モモ葉エキス

成分としてタンニン、フェノール、アミノ酸、フラボノイド、ニトリル配糖体を含んでいます。保湿作用、抗炎症(抗アレルギー)作用、抗酸化(過酸化物抑制)作用、刺激緩和作用、抗菌作用がある。

7グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

8コカミドMEA

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド。非イオン界面活性剤です。増粘、泡質安定、洗浄乳化補助作用を期待して配合されます。コカミドDEAやTEAに発がん性が懸念されたことから、安全性の面でこの成分が採用される傾向がある(ただしコカミドDEAもTEAも通常は全く害になりえない)。また、泡質安定性もこの素材が優秀。

9ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

10ジステアリン酸PEG-150

親水性の増粘剤です。

11BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

12メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

13香料

香りづけ。

 

メーカーの紹介文

天然の植物油からつくられた弱酸性のシャンプーです。
髪と手肌にマイルドで、サロンワークをサポートします。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。