シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アボラボ シャンプー
(ジュン・コスメティック
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アボラボ シャンプー

ジュン・コスメティック


アボラボ シャンプー のオススメレベル

アボラボ シャンプー の解析結果

脱脂力過剰・刺激性懸念の平均以下シャンプー。


洗浄剤もダメ、添加剤も凡庸、添加洗浄剤は最悪。

使う度にデメリットが蓄積していくようなシャンプーですので、
到底オススメするようなレベルとは言えない一品です。


値段なりの質の低い設計のシャンプーで、やたらと洗浄力が高い安上がりな洗浄剤を使った安易な代物です。
賢明な消費者ならスルーして然るべき一品となるでしょう。


[PR]

アボラボ シャンプー の全成分:

水、(C12.13)パレス-3硫酸Na、コカミドDEA、PG、グリセリン、ココアンホ酢酸Na、アボカド油、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、加水分解ケラチン、ベタイン、グリシン、ポリクオタニウム-10、ジステアリン酸グリコール、クエン酸、塩化Na、PEG-60水添ヒマシ油、フェノキシエタノール、ココイルアルギニンエチルPCA、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルサルコシンNa、EDTA-2Na、黄色4号、緑色3号、香料

主な成分の解説をみるstrong>(C12、13)パレス-3硫酸Naは耐硬水性、水への溶解性に優れたキメの細かいソフトな泡の洗浄剤。高い洗浄力、脱脂力が特徴。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
アボカド油は皮膚親和性が高く柔軟効果に優れる。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。

ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。
ラウリル硫酸Naは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ココイルサルコシンNaはアミノ酸系の中でトップクラスの刺激性と強洗浄力。

    アボラボ シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.9

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 1
  • 費用対効果:2

  • 容量/500ml
  • 価格/1080円
  • 1mlあたり/2.16円

アボラボ シャンプー の宣伝文,商品説明:

アボカド油配合、傷んでいる髪にうるおいを与え、ハリとコシのあるいきいきとした髪に導くシャンプーです。
髪と同じ成分のセラミド(保湿成分)とケラチンP.P.T.(保湿成分)が髪の内部に浸透し、
髪の表面をアボカド油(保湿成分)がピタッと補修。つるつるにコートします。
アミノ酸系洗浄成分が傷んだ髪を優しく洗い上げます。
弱酸性・パラベンフリー・スウィートアロマの香り。

[PR]
アボラボ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム