シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
リーブ21 HBH アクティシャンプーR
(リーブ21
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

リーブ21 HBH アクティシャンプーR

リーブ21


リーブ21 HBH アクティシャンプーR のオススメレベル

リーブ21 HBH アクティシャンプーR の解析結果

一般的な低刺激シャンプーよりも低刺激な作りといえる内容です。


非常にまろやかに設計された洗浄剤ベースと、頭皮環境改善系エキスによるシャンプー。

マイルド加減はいうことなく抜群で、さっぱりと洗いたい方には物足りませんがある程度泡立ちもよく低い洗浄力を感じさせないタイプでしょう。
とても上品な洗い心地が包み込み、他ではなかなかない感触を得ることが可能。

エキス類は悪くありませんが、傑出した高い性能があるというほどではありません。
使用感としてはとても品のいい洗い感、というタイプですので、好みがあえば貴重な一品となるでしょう。

1点だけ、ちなみにこれで発毛できるかと言われると、できないと思います。


[PR]

リーブ21 HBH アクティシャンプーR の全成分:

水、デシルグルコシド、ミリスチルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドメチルMEA、ココイル加水分解コラーゲンK、PCA-Na、ココイルリンゴアミノ酸Na、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グリチルリチン酸2K、レモン果実エキス、リンゴ酸、ペラルゴニウムペルタツムエキス、トウキ根エキス、ソウハクヒエキス、シャクヤクエキス、クララエキス、エイジツエキス、ローマカミツレ花エキス、ローズマリーエキス、ニンニクエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ゴボウ根エキス、オランダカラシエキス、オドリコソウ花エキス、アルニカ花エキス、ポリクオタニウム-10、カプリリルグリコール、クエン酸、BG

主な成分の解説をみるデシルグルコシドは優れた起泡性を持つマイルドな非イオン界面活性剤。
ミリスタミドプロピルベタインはコンディショニング効果をメインとした両性界面活性剤で、洗浄、起泡性向上、増粘作用を付与します。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
コカミドメチルMEAが泡立ちを安定、持続的に保つ。
ココイル加水分解コラーゲンKはアミノ酸系洗浄剤の1つで、ほとんど脱脂力はありませんが保湿、柔軟性、きめ細かい泡質を与える目的で配合されます。
ココイルリンゴアミノ酸Naはりんご果汁から抽出したアミノ酸の洗浄剤。濃密で優れた起泡性が特徴で、洗浄力はさほど高くありません。
グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
加水分解水添デンプンは、加水分解デンプンに水素添加したもの。トウモロコシデンプン由来で、抗炎症・保湿・肌荒れ抑制、感触向上効果。
レモン果実エキスは収れん、皮膚弾力改善効果。
リンゴ酸はフマル酸、ブドウ糖から合成して作られ、角質柔軟、pH調整目的で配合。弱酸性へ傾ける力が強く、刺激に感じる場合も。
ペラルゴニウムペルタツムエキスはゼラニウム。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。

    リーブ21 HBH アクティシャンプーR の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.4

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3.5
  • 頭皮環境改善 4
  • 費用対効果:3

  • 容量/300ml
  • 価格/4720円
  • 1mlあたり/15.73円

リーブ21 HBH アクティシャンプーR の宣伝文,商品説明:

健やかな髪と頭皮のためにというコンセプトのもとに開発したシャンプーです。
髪を育てる地肌をしっかり研究したリーブ21ならではの品質です。和漢植物エキスを潤沢に配合。髪と頭皮を健やかに保ちます。

[PR]
リーブ21 HBH アクティシャンプーR 2017 (c)シャンプー解析ドットコム