シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
Ahalo butter(アハロバター)リッチモイスト リペアシャンプー(::) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

Ahalo butter(アハロバター)リッチモイスト リペアシャンプー

::

Ahalo butter(アハロバター)リッチモイスト リペアシャンプー

Ahalo butter(アハロバター)リッチモイスト リペアシャンプーの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
洗浄力:△
安全性:△
補修力:△
潤滑性:△
うるおい:△
1mlあたり2 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ahalo butter(アハロバター)リッチモイスト リペアシャンプーの解析結果

成分多すぎで個性埋没


全成分表を見るだけで目がくらむ方もいるのでは。
とにかく数で勝負系のシャンプーといえそうで、得てしてこの手の製品はよくも悪くもないパターンが多いのです。
1つ1つの成分の個性を感じる余裕など、到底ないでしょう。


ご多分に漏れず

このシャンプーも、実に”よくも悪くもない”、全体としては凡庸なレベルのシャンプーです。
洗浄剤の'普通'な感じは言うまでもなく、添加剤の油分の(種類の)多さに圧倒されそう。
現実的には、それぞれの配合量はかなり少ないのでしょうが。。


少しコンディショニング効果が残る程度がメリット

クオリティはともかく、仕上がりにほんのりエモリエントな潤滑性を残す点がメリットと言えそうです。
洗浄剤は、それら油分などの重さに負けないためにオレフィン(C14-16)スルホン酸Naやコカミドプロピルベタインで粗く泡立ちを助けています。
それらを引っ括めて、シャンプーとしては平凡。
決してダメではないが、他より優れているとはいえない仕上がりです。


主な成分の解説

コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
アンマロク果実エキスはトウダイグサ科アムラ果実より抽出したエキスで、ビタミンCが非常にリッチに含有され抗酸化作用、抗炎症作用、コンディショニング効果を付与。
カカオエキスは脂肪の蓄積抑制、吸収阻害、抗酸化作用を付与。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
サピンヅストリホリアツス果実エキスはソープナッツエキスのこと。コシのあるもっちりしたきめ細かい泡で優しく洗浄します。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
セラミド2は皮膚の角層や毛髪に多く含まれるセラミドで、特に,毛髪で88%の構成比を占める。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール(ネオソリュー アクリオ)は毛髪への有効成分の浸透促進、優れた感触改善効果、高い安定性を持つ安全性の高い油剤です。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。肌なじみが非常によく、保湿効果も高い。
アストロカリウムムルムル脂はヤシの一種から得た精製ムルムルバターと呼ばれる脂で、高い保湿性とコンディショニング効果を与えます。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)(エルデュウ PS-203)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。ナノ化セラミドとも呼ばれ、保湿・浸透性が優れます。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
アサイヤシ果実油アサイーという名でおなじみの果物オイル。抗酸化作用と高い保湿性能を持ち、アンチエイジング目的で用いられます。
ホエイはソフトピーリング作用を有する整肌成分で、抗シワ、ダメージヘア改善、免疫低下抑制、美白作用などが期待される。
オクチルドデカノールは薄い皮膜を形成し、さらっとしたタッチを与える油性成分。
カゼインは牛乳や豆類に含まれる複合タンパク質で、増粘、懸濁、乳化補助、柔軟剤として配合される。
加水分解乳タンパクはコラーゲン産生を促進、皮膚細胞の活性化、シワの軽減作用。
アフリカマンゴノキ核脂は中央・西アフリカを原産とする植物バターで、優れた保湿効果、柔軟性、しなやかさ、滑らかさを付与する。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアロベールと呼ばれるカチオン化ヒアルロン酸で、すすいでも落ちにくい特性を持った保湿作用を付与します。
コーヒー種子エキスはコーヒの生豆から得たエキスで、紫外線防御、皮膚ダメージを抑制するクロロゲン酸を含有。抗シワ、ニキビ、紫外線ダメージに有効。
γ-ドコサラクトン"エルカラクトン"と呼ばれ、毛髪内部のアミノ基と結合。ハリ・コシ・ツヤと長期持続性を付与します。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。

Ahalo butter(アハロバター)リッチモイスト リペアシャンプーの全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、オレフィン(C14?16)スルホン酸Na、コカミドDEA、BG、アンマロク果実エキス、カカオ脂、ホホバ脂、シルク、サピンヅストリホリアツス果実エキス、オリーブ果実油、アルガニアスピノサ核油、セラミド2、ハチミツ、シクロヘキサン?1,4?ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、マカデミア種子油、アストロカリウムムルムル種子脂、アボカド油、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、シア脂、アサイヤシ果実油、ヤシ油、乳糖、ヨーグルト液(牛乳) 、ホエイ (牛乳) 、オクチルドデカノール、タウリン、ラウリルグルコシド、加水分解カゼイン(牛乳)、加水分解乳タンパク、アフリカマンゴノキ核脂、乳タンパク、水添ココグリセリル、プロパンジオール、キラヤ、樹皮エキス、リシンHCl、ケラチン(羊毛)、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、トレオニン、アスパラギン酸Na、イソロイシン、アラニン、アラントイン、フェニルアラニン、クオタニウム-18、アルギニン、水溶性コラーゲン、ゴレンシ葉エキス、ショウガ根エキス、プラセンタエキス、ビワ葉エキス、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、プロリン、リアアザジラクタ葉エキス、ベヘントリモニウムクロリド、コーヒー種子エキス、γ-ドコサラクトンチロシン、イノシン酸2Na、ガーデニアタヒテンシス花エキス、グアニル酸2Na、ダイズステロール、トコフェロール、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、アルニカ花エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、オドリコソウ花エキス、オランダガラシ葉エキス、ゴボウ根エキス、ニンニクエキス、ユズ果実エキス、シスチン、ポリクオタニウム-10、PPG-7、クエン酸、EDTA-2Na、エタノール、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料

Ahalo butter(アハロバター)リッチモイスト リペアシャンプーの宣伝文,商品説明:

シャンプー選びで大切なのは、自分の頭皮や髪と合った「洗浄成分選び」だと思います。
それは、いろいろなシャンプーを使って試してみないとわからないので
ぜひ、シャンプーの「洗浄成分」に着目をして、試してみていただきたいです。
試すときには、1回の使用で判断せず、
3日間くらいは連続して使ってみるのがおすすめです。

私は、このAhalo butter(アハロバター)のシャンプーは
髪の調子が良くなるので、合っているみたいです。

頭皮がかゆくなることがなったり抜け毛が増えることもなく、
髪にツヤが出てきました。(使用感は、個人差があります!)

ノンシリコンで、洗浄成分(界面活性剤)としてはコカミドプロピルベタインと
コカミドDEAを使った、いわゆる「ベタイン系」のシャンプーです。

洗浄力の高いラウリル硫酸Na(界面活性剤)などを使ったシャンプーとは違い
洗浄力が穏やかなので、乾燥肌の方や頭皮が刺激に弱い方におすすめ。

私は、肌は比較的オイリーな方ですが、頭皮が弱いみたいなので
洗浄力の優しいもので、しっかり頭皮マッサージをして洗うようにしています。

特におすすめは、リッチモイスト リペアシャンプーとリッチモイスト リペアディープマスク。
カラーリングやパーマをしていない脂性肌の私は、
この2アイテムだけでもOKなくらいです。

乾燥肌の方や、カラーリングやパーマによって髪ダメージが激しい方は
シャンプー・リッチモイスト リペアトリートメントに週2回のヘアマスクと
ライン使いをするのがおすすめです。