シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
alva(アルバ) サンドロン ボディ ヘアウォッシュ
(アルバ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

alva(アルバ) サンドロン ボディ ヘアウォッシュ

アルバ


alva(アルバ) サンドロン ボディ ヘアウォッシュ のオススメレベル

alva(アルバ) サンドロン ボディ ヘアウォッシュ の解析結果

低刺激を超えて、洗浄力が必要なだけ確保できているか不安なレベルの一品。


一般的なアニオン(陰イオン)界面活性剤を補助的にしか含まず、中心は非イオン界面活性剤。

ラウリルグルコシド、ヤシ油アルキルグルコシド、オレイン酸グリセリルといった非イオン界面活性剤が中心となっているシャンプーで、

非常に洗浄力、使用感ともに物足りなさが感じられる一品。

洗浄するという目的よりは非常にマイルドに肌から汚れをすすぐ補助的な液体というか、
頭に傷があるとか、赤ちゃんであるとか、普通に洗えない場合に使うことを想定しているのかな、と感じる一品です。

穏やかすぎて、シャンプーとして使うには頭にも体にもすっきり感なし、洗った気がしない的な印象を持つ可能性が高い一品です。

限られたケース以外にはニーズがあまりないかと思われます。


[PR]

alva(アルバ) サンドロン ボディ ヘアウォッシュ の全成分:

水、ラウリルグルコシド、コカミドプロピルベタイン、ヤシ油アルキルグルコシド、グリセリン、オレイン酸グリセリル、エタノール、コムギデンプン、ウミクロウメモドキ種子油、ウミクロウメモドキ果実油、水酸化Na、コンフリーエキス、フィチン酸、アラントイン、香料、オレンジ油、ベルガモット果実油、レモン油、マンダリンオレンジ果皮油

主な成分の解説をみるコカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
ウミクロウメモドキ油は必須脂肪酸各種含有する沙棘の実から抽出。
抗酸化、皮膚代謝促進作用を付与。
コンフリーエキスは育毛・エラスチン保護、抗炎症作用。
フィチン酸は米ぬか由来のキレート(金属封鎖)効果、pH調整、収れん、抗シワ、保湿作用を付与。
窒化ホウ素は人工合成されたセラミックス。ホワイトグラファイトと呼ばれるナノパウダー。肌への光沢、なじみがよく、無刺激な白色顔料。
アラントインは牛の羊膜の分泌液から発見され、尿素から合成、もしくはコンフリーから抽出され原料化されている成分。抗炎症作用、細胞活性化作用が優れる 。

    alva(アルバ) サンドロン ボディ ヘアウォッシュ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/200ml
  • 価格/2415円
  • 1mlあたり/12.08円

alva(アルバ) サンドロン ボディ ヘアウォッシュ の宣伝文,商品説明:

alva(アルバ) サンドロン ボディ&ヘアウォッシュ」は、頭から全身を洗うことができる、優しい泡立ちのアロマコスメボディケア化粧品です。
小麦タンパク配合。
泡立てる成分は、植物由来成分です。
alva(アルバ)のサンドロンシリーズシリーズは、野生種とオーガニックのサンドロンをふんだんに使用しています。
豊富に使用されている植物成分は、すべて生産過程をチェックされています。
パラフィン、パラベン、ラウリル硫酸アンモニウム、動物性物質等は使用していません

[PR]
alva(アルバ) サンドロン ボディ ヘアウォッシュ 2017 (c)シャンプー解析ドットコム