シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アミノNシャンプー(ジュン・コスメティック) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

アミノNシャンプー

ジュン・コスメティック


アミノNシャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★★
しっとり感:X
さらさら感:△
ダメージ補修力:X
健康毛適性:X
敏感肌適性:X
さっぱり感:◯
コシを出す感:X
まとまり:△
1mlあたり1 円

アミノNシャンプーの解析結果

脱脂力、皮膚浸透性、刺激性など、粗悪品と呼ぶにふさわしいダメシャンプー。


パレス硫酸Na、ココイルサルコシンNA、そしてラウリル硫酸アンモニウムなど、洗浄剤は(多少クリーミーなタッチではあるものの)とても人体に不都合の多いものばかり配合され、
お世辞にも肌にやさしいとはいえないシャンプーに仕上がっています。

この内容で「アミノシャンプー」を名乗るのはほとんど詐欺に近いレベルと言ってよく、
アミノ酸系洗浄剤は混ざってはいるものの、微量で質が悪く、他の質の悪い洗浄剤のほうがより強力に存在感があるというでたらめなシャンプーです。

もし友人が使っていたら、速やかに他のものと取り替えたほうがいい、とアドバイスしたくなるような一品。

値段以上に安物といえる中身ですので、よっぽどのことがない限り考えなおしたほうがいい選択肢と言えるでしょう。


主な成分の解説

(C12、13)パレス-3硫酸Naは耐硬水性、水への溶解性に優れたキメの細かいソフトな泡の洗浄剤。高い洗浄力、脱脂力が特徴。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ココイルサルコシンNaはアミノ酸系の中でトップクラスの刺激性と強洗浄力。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。

ヒドロキシプロピルキトサンは毛髪強度向上、枝毛防止、乳化安定向上、帯電防止効果、抗菌作用を付与する優れた皮膜剤。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
ラウリル硫酸アンモニウムは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。

アミノNシャンプーの全成分:

水、(C12.13)パレス‐3硫酸Na、コカミドDEA、PG、ココアンホ酢酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルサルコシンNa、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、加水分解ケラチン、ヒドロキシプロピルキトサン、褐藻エキス、ベタイン、グリシン、ポリクオタニウム‐10、ジステアリン酸グリコール、クエン酸、塩化Na、PEG‐60水添ヒマシ油、フェノキシエタノール、ココイルアルギニンエチルPCA、BG、エタノール、ラウリル硫酸アンモニウム、EDTA‐2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、黄色4号、緑色3号、香料

アミノNシャンプーの宣伝文,商品説明:

ケラチンP.P.T.だけでなく、さらに髪と同じ成分のセラミドを配合し、よりマイルドに、よりしなやかに、
自然な髪に・・・ダメージ部分を探して浸透!!補修効果で美しい髪へ