シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ancoco(あんここ)レッドビーンズシャンプー
(エッチビーシーメディアクリエート
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ancoco(あんここ)レッドビーンズシャンプー

エッチビーシーメディアクリエート


ancoco(あんここ)レッドビーンズシャンプー のオススメレベル

ancoco(あんここ)レッドビーンズシャンプー の解析結果

洗浄剤の上質さはトップクラス。


非常に上品で、エモリエントで、泡立ち良く過不足無く洗えて、
ともに上質なエキス類の添加も好ましいエレガントなシャンプーです。

トップがココイルグルタミン酸TEA&ラウロイルアスパラギン酸Naというリッチなコンビで、この時点で相当なものです。

しかも、しっかりと増粘剤も加わってしゃばしゃばにならないように設計されている点も、地味に良い気遣いがなされています。
正直、あずきサポニンによる清浄効果、というのはさほど魅力を感じない(というか存在感が薄い)のですが、
洗浄剤と、質の良いエキスを見るだけで充分にオススメに値する製品だということが伝わってくる一品です。

シャンプーの中でも、はっきりと違いを感じるものを試したい方にぜひ。

[PR]

ancoco(あんここ)レッドビーンズシャンプー の全成分:

水,ココイルグルタミン酸TEA,ラウロイルアスパラギン酸Na,コカミドプロピルベタイン,ベタイン,ペンチレングリコール,コカミドDEA,セテアレス-60ミリスチルグリコール,ラウロイルグルタミン酸ジオクチルドデセス-2,PEG-20ソルビタンココエート,アズキ種子エキス,加水分解シルク,グリチルリチン酸2K,ヨーロッパシラカバ樹皮エキス,オタネニンジン根エキス,トウキ根エキス,シャクヤク根エキス,マグワ根皮エキス,クララエキス,ワレモコウエキス,ノイバラ果実エキス,アロエフェロックス葉エキス,シアノコバラミン,ミリストイルメチルアミノプロピオン酸ヘキシルデシル,クエン酸,ポリクオタニウム-10,BG,カプリリルグリコール,香料

主な成分の解説をみるココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
ラウロイルアスパラギン酸Naはラウリン酸とアミノ酸であるアスパラギン酸のNa塩が結合した洗浄成分。起泡性に優れ、洗浄力・泡保持性、泡切れの良さが優れる低刺激性の高級洗浄剤。
アズキ種子エキスはアントシアニン、サポニンを含有するエキスで、肌のツヤ、ハリ、清浄作用、整肌作用を付与。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
ヨーロッパシラカバ樹皮エキスは極めて優れた抗酸化作用、タンニンによる収れん作用が高いため、配合量によっては刺激になるほど効能が高いレベルの成分です。
トウキ根エキスは収れん作用、抗炎症作用、血行促進、CMC形成促進作用、バリヤ機能強化作用、抗菌作用。
シャクヤク根エキスは抗酸化作用、抗アレルギー作用、収れん作用、脂肪分解作用、免疫増強作用。
マグワ根皮エキスは美白作用を目的。
クララエキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、線維芽細胞増殖促進作用、肌バリヤ機能強化、CMC形成促進、抗菌、脱毛防止などを付与。
ワレモコウエキスはバラ科の多年草。タンニン、サポニンを多く含み、抗菌、収れん、抗炎症、美白作用などを付与。脱毛因子FGF-5の活性を抑制する作用を持つことが発見された。
アロエフェロックス葉エキスはケープアロエの葉から得たエキスで、美白作用、抗男性ホルモン、脱毛防止効果などを付与。
シアノコバラミンは皮膚コンディショニング効果、整肌・保湿作用を付与。
[PR]
ancoco(あんここ)レッドビーンズシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム