シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
AYP エンジェルハート シャンプー
(エンジェル・ハート
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

AYP エンジェルハート シャンプー

エンジェル・ハート


AYP エンジェルハート シャンプー のオススメレベル

AYP エンジェルハート シャンプー の解析結果

相当にシンプルで何も突っ込みどころもありません。

もちろん、悪い意味で。

ラウレス硫酸Naベースに、ヤシ油アルキルグルコシドは非イオン界面活性剤で、刺激緩和や泡質を向上させる。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
PG、コカミドDEAは保湿や泡質向上、粘度調整。
カチオン化デンプンが平滑作用や保湿効果をもたらすが、総合的にも全くいいとこなしの100円均一に近いレベル。

肌や髪にはデメリットのほうが多いシャンプーですので、

選ばない方が身のためというものです。


[PR]

AYP エンジェルハート シャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ヤシ油アルキルグルコシド、オレイン酸グリセリル、コカミドプロピルベタイン、PG、コカミドDEA、香料、ポリクオタニウム-10、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン、変性アルコール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、イソブチルパラベン、メントール、水酸化Na

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
変性アルコールは飲用にもなるエチルアルコールに変性剤を加え工業用(無税)アルコールに用途を絞ったもの。価格は安くなるが、変性剤はメチルアルコールなど毒性が心配なケースが多い。
フェノキシエタノールはグリコールエーテルの一種で防腐剤として配合。パラベンの代替として、もしくは併用して使われるが、刺激に感じる場合も稀にあります。

    AYP エンジェルハート シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.9

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/300ml
  • 価格/1260円
  • 1mlあたり/4.2円

AYP エンジェルハート シャンプー の宣伝文,商品説明:

オリーブエキスが配合された、地肌をいたわり、髪にうるおいを与えて保護するシャンプーです。
つややかな髪へと導きます。
エンジェルハートのピーチ&アプリコットの魅惑的なフレングランス付き。
優しい香りが続きます。

[PR]
AYP エンジェルハート シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム