シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アンナドンナ クールシャンプー 
(ダリヤ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アンナドンナ クールシャンプー 

ダリヤ


アンナドンナ クールシャンプー  のオススメレベル

アンナドンナ クールシャンプー  の解析結果

浸透力も抜群、感触に騙されるな


クリーミーな使用感を演出している点がむしろ悪質。
実際にはラウリル硫酸塩をベースにした脱脂力と浸透性の最悪パターン。


使うほどに肌荒れ、アトピー性皮膚炎などに近づいていく、ダメシャンプーの王道です。
少しでも将来の肌を大切にしたいのであれば、一度でも使うことはオススメしない製品です。


[PR]

アンナドンナ クールシャンプー  の全成分:

水、ラウラミドプロピルベタイン、ラウリル硫酸TEA、(C12,13)パレス-3硫酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、アロエベラ液汁、安息香酸Na、エタノール、オリーブ油、オレンジ油、キダチアロエ葉エキス、クエン酸、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、メントール、ラウレス-25、ローズマリー葉エキス、BG、EDTA-2Na、PPG-6デシルテトラデセス-20、香料

主な成分の解説をみるラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ラウリル硫酸TEAは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
(C12、13)パレス-3硫酸Naは耐硬水性、水への溶解性に優れたキメの細かいソフトな泡の洗浄剤。高い洗浄力、脱脂力が特徴。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
アロエ液汁は抗炎症、線維芽細胞増殖促進、抗菌作用を持つエキスです。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
メントールの清涼作用。
ローズマリー葉エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制作用、メラニン生成を抑制、収斂、血行促進作用。

    アンナドンナ クールシャンプー  の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1

  • 素材の品質:1
  • 安全性:1
  • 髪質改善効果:1
  • 頭皮環境改善 1
  • 費用対効果:1

  • 容量/500ml
  • 価格/1620円
  • 1mlあたり/3.24円

アンナドンナ クールシャンプー  の宣伝文,商品説明:

今、大人気のノンシリコンシャンプー
メントール配合だからひんやり、暑い日にぴったり!
オレンジオイルも配合で頭皮の毛穴に詰まった汚れもスッキリ♪
ノンシリコンなのにキシキシしない、アンナドンナ オリジナルシャンプー。

[PR]
アンナドンナ クールシャンプー  2017 (c)シャンプー解析ドットコム