シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー
(パシフィックプロダクツ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー

パシフィックプロダクツ


アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー のオススメレベル

アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー の解析結果

さっぱりとした洗浄力と質の良い添加剤がまずまずの一品。


ただただ残念なのが洗浄剤。
脱脂力が無駄に強く、感触も悪いし刺激性も懸念される質の低い設計です。

オレフィン(C14-16)スルホン酸NaとココイルサルコシンTEAという、さっぱり系で刺激性の懸念あるベースが皮膚に負担を強いるでしょう。
さらにヤシ脂肪酸TEA(石鹸)もわずかに配合されるなど、オススメしない理由がたくさん存在する一品です。


[PR]

アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー の全成分:

水、コカミドDEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルアラニンTEA、ココベタイン、ココイルサルコシンTEA、ラベンダー花エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、バオバブ種子油、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、加水分解エンドウタンパク、カチオン化加水分解ダイズタンパク-2、ムラサキバレンギクエキス、グリセリン、ポリクオタニウム-10、BG、ココアンホ酢酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、ヤシ脂肪酸TEA、オレス-10リン酸、PEG-20ソルビタンココエート、塩化Na、クエン酸、カラメル、トコフェロール、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるコカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルアラニンTEAは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
ココベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
ココイルサルコシンはアミノ酸系の中でトップクラスの刺激性と強洗浄力。
ラベンダー花エキスは抗酸化作用、抗炎症、抗菌、発汗作用。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
ローズマリー葉エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制作用、メラニン生成を抑制、収斂、血行促進作用。
バオバブ種子油は、γ-リノレン酸,ビタミンA,D,Eやトリグリセライドを豊富に含み、乾燥やアレルギー肌、ダメージ毛に有効なオイルです。
セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパクは18-MEAの構造に類似し、毛髪表面を理想的な状態に補修。
加水分解エンドウタンパク、カチオン化ダイズタンパク毛髪自身が持つケラチンによく似た弾力性のあるハリ・コシ・潤いを与えます。
ムラサキバレンギクエキスは免疫増強作用。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ココイルグルタミン酸TEAはグルタミン酸とヤシ油脂肪酸による洗浄剤。皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。

    アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/260ml
  • 価格/1944円
  • 1mlあたり/7.48円

アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー の宣伝文,商品説明:

クリーミィで豊かな泡が、髪と地肌をいたわりながら洗い上げ、しっとりとなめらかでつややかな美しい髪に仕上げます。

[PR]
アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム