シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アクアカバー ヘアシャンプープラス
(ディアテック
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アクアカバー ヘアシャンプープラス

ディアテック


アクアカバー ヘアシャンプープラス のオススメレベル

アクアカバー ヘアシャンプープラス の解析結果

半ばトリートメントのようにコンディショニング効果を狙ったシャンプー。


アクアカバーという名に違わぬ潤いっぷりを与える一品です。

単に潤うという以上に、良くも悪くも強烈なインパクトを与える。

非常に高いエモリエント機能と高度なダメージ修復効果を持ち合わせる一品で、結構なダメージ毛でも構わずに洗いあげてしまうほど、

そのカバーリング力が非常に高いシャンプーだ。

洗浄力はほどほどですが、何より洗浄中の髪の絡まりなどに悩まれている場合はうってつけといえるシャンプー。
さらに、フランスカイガンショウ樹皮エキスの非常に高い保護作用も個性を強調していますね。

さっぱり感を求める方にはやや難ありですが、とにかくダメージ毛をどうにかしたいんだ!という場合ならこれ以上のものもなかなか無い、というほど個性的な一品です。

ただし、カチオン界面活性剤を配合しているため、肌の弱い方にはいささか刺激的かもしれません。


[PR]

アクアカバー ヘアシャンプープラス の全成分:

水、ココイルグルタミン酸TEA、パーム核脂肪酸アミドDEA、コカミドプロピルベタイン、トレハロース、フランスカイガンショウ樹皮エキス、アセチルヒアルロン酸Na、ベヘントリモニウムメトサルフェート、イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、ベタイン、トコフェロール、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、BG、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、オレンジ油、ステアルトリモニウムクロリド、セタノール、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、ジメチコン、セテス-20、安息香酸Na、塩化Na、香料、メチルパラベン、プロピルパラベン、フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるココイルグルタミン酸TEAはグルタミン酸とヤシ油脂肪酸による洗浄剤。皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
パーム核脂肪酸アミドDEAが泡立ち補助、増粘。トレハロースは2分子のグルコースが結合した非還元性の二糖。角質層の水分保持能を高める効果。
フランスカイガンショウ樹皮エキスは赤ワインにも含まれるポリフェノールの一種ピクノジェノールを含有。皮膚から浸透し、コラーゲン、エラスチンと結合して保護する作用、抗菌・抗酸化・抗ニキビ・抗炎症作用を付与。
アセチルヒアルロン酸Naは、アセチル基を持つ構造により肌と親和性を高め持続性を持たせています。
ベヘントリモニウムメトサルフェートは毛髪キューティクルの接着をする18-MEA(メチルエイコサン酸)のカチオン誘導体で、ダメージ部に吸着し、疎水性化によって滑らかな指通りを与えます。
イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート18-MEAを豊富に含むキューティクル保護成分。保湿、指通り改善に重要な役割を果たします。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
ポリクオタニウム-7は、増粘作用、しっとり感、乾燥後の指通りの改善効果を付与。ポリクオタニウム-10との併用で相乗効果。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
ジメチコンは透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。

    アクアカバー ヘアシャンプープラス の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.7

  • 素材の品質:4
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:4
  • 頭皮環境改善 4
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/300ml
  • 価格/2160円
  • 1mlあたり/7.2円

アクアカバー ヘアシャンプープラス の宣伝文,商品説明:

アクアカバー ヘアシャンプープラス 」は、トレハロース配合、シャンプーと同時に毛髪に水分を補うヘアサロン専売品シャンプーです。
髪のCMC成分である18MEAとアセチル化ヒアルロン酸Naが毛髪の中まで浸透して保水力を高めます。

[PR]
アクアカバー ヘアシャンプープラス 2017 (c)シャンプー解析ドットコム