シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アーキュン スムース&モイストシャンプー
(アーキュン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アーキュン スムース&モイストシャンプー

アーキュン


アーキュン スムース&モイストシャンプー のオススメレベル

アーキュン スムース&モイストシャンプー の解析結果

アミノ酸型洗浄剤を中心にブレンド。


アミノ酸型、といえば聞こえはいいが、同じアミノ酸型でもさほど優秀とは言えない素材も実のところあるわけで。。

どちらかと言えば脇役でいてほしい面々がベースになっているとも言えるのがこのシャンプーの設計。


もちろん、おすすめできないシャンプーに比べれば質は良いのだが、アミノ酸型シャンプーの中で言うとあまりクオリティーを感じないタイプ。
泡立ちなどの使用感は悪くない。

ただし、アルカリ性を好むココイルグリシンKの影響で、特に髪に対するコンディショニング効果は期待できないだろう。

方向性としては、頭皮のケアに力点を置いた手法といえるが、全体を通して値段相応のクオリティーを感じることは難しいだろう。

何か特別に頭皮にメリットがあるわけでもなく、洗浄剤のチョイスもやや疑問が残る。


[PR]

アーキュン スムース&モイストシャンプー の全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸Na、ココイルグリシンK、 ココイルメチルタウリンNa、ヤシ脂肪酸リシン、ローズマリー葉エキス、 カミツレ花エキス、センブリエキス、セージ葉エキス、スギナ葉エキス、トウキ根エキス、 加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ホホバ種子油、ラベンダー油、スクワラン、 酵母エキス、褐藻エキス、トコフェロール、オタネニンジン根エキス

主な成分の解説をみるココイルグリシンKはアミノ酸系洗浄剤の一種。アルカリ性を好み、弱酸性ではほとんど泡立ちもしない。アミノ酸系では最も刺激性があり、さっぱりした仕上がりだが肌には少々負担。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ローズマリー葉エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制作用、メラニン生成を抑制、収斂、血行促進作用。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
センブリエキスは抗酸化、コラーゲン産生促進、育毛作用を付与。


スギナエキスはメラニン生成を抑制、代謝促進。
トウキ根エキスは収れん作用、抗炎症作用、血行促進、CMC形成促進作用、バリヤ機能強化作用、抗菌作用。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。

    アーキュン スムース&モイストシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.4

  • 素材の品質:2.3
  • 安全性:2.6
  • 髪質改善効果:2.2
  • 頭皮環境改善 3.1
  • 費用対効果:2

  • 容量/300ml
  • 価格/4104円
  • 1mlあたり/13.68円

アーキュン スムース&モイストシャンプー の宣伝文,商品説明:

しっかりとした泡立ちとスッキリした洗い上がりで潤いを与えツヤのある美しい仕上がりのシャンプーです。
5種類の天然アミノ酸洗浄成分と数種類の自然由来のモイスチャー成分を贅沢にブレンドしました。
優しいラベンダー精油の香り。

[PR]
アーキュン スムース&モイストシャンプー 2015 (c)シャンプー解析ドットコム