シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アランジュ シャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

アランジュ シャンプー

アランジュ

アランジュ シャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★★
☆☆
しっとり感:X
さらさら感:〇
ダメージ補修力:X
健康毛適性:X
さっぱり感:〇
ハリコシ補修度:X
1mlあたり約9.45円

アランジュ シャンプーの解析結果

強い洗浄力、強い泡立ち。品のない粗野な一品。


価格の割にいい仕事をあまり期待できないタイプといえます。

pH5.5という弱酸性が利点ではありますが、それ以外は質の高くない、どちらかと言えば安物に属する内容。

使用感はまずまず好感を持てそうですが、全体としてのクオリティは低いといえるでしょう。

洗浄剤の荒っぽさは言うまでもなく、オレンジ油のクレンジング効果も加わってさっぱり感は物凄いものの頭皮ケア的にはNGな印象の製品に仕上がっています。


主な成分の解説

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
プロピレングリコール(PG)はグリセリンに比べて粘度が低くさっぱりしていて使用感触がいい。溶剤としても働き、グラム陰性菌の抗菌作用を持つ。
高配合では刺激性を感じる。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。

アランジュ シャンプー宣伝文,説明文:

「アランジュ シャンプー」は、お客様とサロンとの対話から生まれた、ヘアサロン向け低刺激性シャンプーです。
毛髪と皮膚にやさしい、最上級天然アミノ酸を主原料に使用。
環境にも優しく、カラー・パーマを長持ちさせ、しっとりしなやかに洗い上げます。
また、通常の1.5 倍の泡立ちを実現。
少しの量でもたくさん泡立ち、髪を優しく洗い上げキューティクルを守ります。
毛髪、皮膚と同じ弱酸性(ph5.5)。
シリコン(コーティング剤)や石油系洗浄剤、パラペ ン、香料、色素などを使っていないので、赤ちゃんやデリケートなお肌の方にもご利用頂けます。


アランジュ シャンプー全成分:

水、コカミドDEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウリルベタイン、PG、ジステアリン酸PEG-150、ポリソルベート20、ココイルグルタミン酸TEA、オレンジ油、ポリクオタニウム-10、フェノキシエタノール、塩化Na、グリセリン、エチドロン酸、セイヨウキズタエキス、アルニカエキス、ローズマリーエキス、マツエキス、ローマカミツレエキス、オランダガラシエキス、オドリコソウエキス、ニンニクエキス、ゴボウエキス、BG、グリチルリチン酸2K