シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ルネセア スカルプトリートメント シャンプー 
(アルビオン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ルネセア スカルプトリートメント シャンプー

アルビオン


ルネセア スカルプトリートメント シャンプー のオススメレベル

ルネセア スカルプトリートメント シャンプー の解析結果

値段のわりに粗い洗浄性


ラウレス硫酸Na、オレフィンスルホン酸Naといった強洗浄剤がベースを構成。
ココイルメチルタウリンNa、ココアンホ酢酸Naはこれらの強洗浄剤の'当たり'を和らげますが、それなりの値段を払うわりにクオリティは芳しくありません。

収れん作用、清涼作用のエキスが配合され、皮脂のコントロール効果などを期待されますが、全体としてはさほどレベルの高い製品ではありません。
値段なりともいえません。この程度のコストを払えるなら、もっと質のいいものを手に入れられるでしょう。

全体的な性格として、皮脂の分泌を抑制する性格が強めなのかな、と思わせる添加剤の数々であり、
洗浄剤の特性やその他の部分に関しても、さっぱり感というテーマが強調されているように思います。

ただそれが逆に、頭皮の刺激性をややアップさせている部分もあり、総合的に見るとオススメ度は下がります。


[PR]

ルネセア スカルプトリートメント シャンプー の全成分:

水,ココイルメチルタウリンNa,ラウレス硫酸Na,コカミドプロピルベタイン,オレフィン(C14-16)スルホン酸Na,エタノール,ココアンホ酢酸Na,,アセチルグルタミン,イブキトラノオ根エキス,オタネニンジン根エキス,サボンソウエキス,セイヨウニワトコ花エキス,ピリドキシンHCl,ブドウ種子エキス,BG,EDTA-2Na,カンフル,クエン酸,コカミドMEA,ポリクオタニウム-10,メントール,塩化Na,サリチル酸,メチルパラベン,安息香酸Na,香料,黄4,橙205

主な成分の解説をみるココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
アセチルグルタミンは肌の保護成分であるグルタミンの安定化タイプで、肌のコラーゲン、ヒアルロン酸を150%-180増やす作用があると言われています。
イブキトラノオ根エキスはタンニンを15-20%含み、美白、収れん作用などを付与。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
サボンソウエキスは発汗作用、浄化作用、抗炎症作用。
セイヨウニワトコ花エキスは抗炎症、抗酸化、細胞活性化作用。
ピリドキシンHCl はビタミンB6ことピリドキシンの塩酸塩。卵黄にも含まれるたんぱく質や脂肪の代謝に関わる成分で、抗アレルギー作用、皮脂コントロール、肌荒れ防止目的で配合。
ブドウ種子エキスは、水溶性抗酸化物質プロシアジニンを豊富に含有。
メントールの清涼作用。

    ルネセア スカルプトリートメント シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.2

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/500ml
  • 価格/3780円
  • 1mlあたり/7.56円

ルネセア スカルプトリートメント シャンプー の宣伝文,商品説明:

すっきりと爽快に浄(きよ)めるシャンプー。
スーッと広がるすがすがしい洗い心地で、地肌
からすっきりと清浄にし、すこやかな頭皮と髪に
整えるシャンプーです。たっぷりのうるおいで包み
ながら、サラサラとなびく艶のある美髪に導きます。

[PR]
ルネセア スカルプトリートメント シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム