シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アルガピュア シャンプー
(ジーワンジャパン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アルガピュア シャンプー

ジーワンジャパン


アルガピュア シャンプー のオススメレベル

アルガピュア シャンプー の解析結果

最凶の脱脂力とごまかしのシリコーン。


使おうかどうか迷う必要性はあまりないと見て差し支えない一品です。

というのも、単に脱脂力が強いだけでなく浸透性もあり、刺激を伴いながら乾燥肌に一直線という特徴を持つ洗浄剤をベースにしているから。
さらにココイルグリシンKはアルカリ性を好む洗浄剤であり、この製品がもしアルカリ性であればさらに救いようのない脱脂力を持っているということになりかねません。

まさに、使いべきでない代表格といえる設計のシャンプーであり、
いかなる方にもオススメしない最低レベルのクオリティであると紹介しておきます。 

そして、このようなものを売ろうとする側にも、消費者のことをもっと重視すべきだと伝えたい一品。


[PR]

アルガピュア シャンプー の全成分:

水、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、ジステアリン酸グリコール、アルガニアスピノサ核油、アロエベラ葉エキス、コカミドMEA、セテアリルアルコール、ジメチコン、トリデセス-10、ラウリルグルコシド、ポリクオタニウム-10、ポリクアタニウム-7、ココイルグリシンK、塩化Na、クエン酸、EDT-2Na、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、香料

主な成分の解説をみるラウリル硫酸アンモニウムは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
アロエベラ葉エキスは抗炎症、線維芽細胞増殖促進作用、抗菌作用を付与。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ココイルグリシンKはアミノ酸系洗浄剤の一種。アルカリ性を好み、弱酸性ではほとんど泡立ちもしない。アミノ酸系では最も刺激性があり、さっぱりした仕上がりだが肌には少々負担。

    アルガピュア シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.5

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1
  • 頭皮環境改善 1
  • 費用対効果:1

  • 容量/750ml
  • 価格/1620円
  • 1mlあたり/2.16円

アルガピュア シャンプー の宣伝文,商品説明:

自然な潤いを与え、しなやかな髪へ導く自然派ヘアケアシャンプーです。アロエベラ葉エキス、アルガニアスピノサ核油配合。髪の内部まで浸透し、傷んだ髪を補修。なめらかな髪へ仕上げます。

[PR]
アルガピュア シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム