シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アルゲトロン薬用スカルプシャンプー
(ケンネット
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アルゲトロン薬用スカルプシャンプー

ケンネット


アルゲトロン薬用スカルプシャンプー のオススメレベル

アルゲトロン薬用スカルプシャンプー の解析結果

何やら成分量が非常に多いシャンプーのようですが、見掛け倒しで問題にならないような一品です。


何と言っても、質のいい製品に現れることはまずないラウリル硫酸TEAが配合され、皮膚炎を起こす懸念をわざわざ与えているところがまずダメ。

毛穴の奥までしっかり洗浄、みたいな古い発想の一品と見ていいでしょう。

ただし、特に頭皮環境改善に特化しているわけでもなく、コンディショニング効果も狙っているわりには効果が低く、
マイルドかと思いきやラウリル硫酸TEAを使っていたり、矛盾と手抜き感の垣間見える一品で残念。
価格を抑えるための工夫が、このシャンプーの品質を強く貶めていると言えます。


[PR]

アルゲトロン薬用スカルプシャンプー の全成分:

内容成分有効成分:グリチルリチン酸2K
その他成分:精製水、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEA液、ラウロイルメチル‐β‐アラニンNa液、アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリウムベタイン、ラウリル硫酸TEA、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、DPG、モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、塩化O‐{2‐ヒドロキシ‐3‐(トリメチルアンモニオ)プロピル}グァーガム、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、BG、カラメル、トリメチルグリシン、エタノール、DL‐PCA・Na液、塩化N-{2-ヒドロキシ-3-(ヤシ油アルキルジメチルアンモニオ)プロピル}加水分解コラーゲン、ソルビット液、L-セリン、海藻エキス(1)、グリシン、ポリグルタミン酸塩、L-グルタミン酸、L-リジン液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、L-アラニン、ビワ葉エキス、L-アルギニン、L-スレオニン、L-プロリン、オクラエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、フェノキシエタノール、パラオキシ安息香酸エステル、EDTA‐2Na、pH調整剤

主な成分の解説をみるココイルグルタミン酸TEAラウロイルメチルアラニンNaコカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)などを配合して、

ダメな中にも一滴のマイルドさを加えています。

ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ラウリル硫酸TEAは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
ヒドロキシプロピルメチルセルロースは水溶性フィルムコーティング剤で、安定性に優れ、非イオン性という特徴を持ち、接着・密着(バインダー)性に優れます。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。

    アルゲトロン薬用スカルプシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 素材の品質:2
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/500ml
  • 価格/3024円
  • 1mlあたり/6.05円

アルゲトロン薬用スカルプシャンプー の宣伝文,商品説明:

アルゲトロン薬用スカルプシャンプーの宣伝文,商品説明: 抜け毛,細毛を防ぎ、あなたの大切な髪をいつまでも「続毛」にエスコートします。

[PR]
アルゲトロン薬用スカルプシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム