シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アルクレイス アロマシャンプー
(アルクレイス
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アルクレイス アロマシャンプー

アルクレイス


アルクレイス アロマシャンプー のオススメレベル

アルクレイス アロマシャンプー の解析結果

全身シャンプーとのことですが、若干安上がりな作りであることは否定できない一品。


ベースは泡立ち強く、洗浄力もトップクラスのオレフィンスルホン酸Na。
アミノ酸系・非イオン界面活性剤を添加して若干マイルド感・しっとり感を付与してタッチを改良しているものの、
印象としては必要以上の脱脂感が目立ってしまうでしょう。

その他の添加剤に関しては、ルイボスエキスの抗酸化作用、褐藻エキスあたりが有力でアンチエイジング効果を期待されるところ。
他にコラーゲン誘導体が保湿作用を付与するでしょう。


全身シャンプーということですが、 髪にもボディにも中途半端で、値段ほどの何かがもたらされる一品ではないということ。

粗い作りですので、あえて選んで使いたくなるようなタイプではありません。


[PR]

アルクレイス アロマシャンプー の全成分:

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、ジオレイン酸PEG-120メチルグリコース、ベンチレングリコール、PEG-60水添ヒマシ油、フェノキシエタノール、トコフェロール、ホホバ油、ラウリルベタイン、アルギニン、ポリクオタニウム-10、オレンジ油、ラベンダー油、パンテノール、ヒノキチオール、グリチルリチン酸2K、アラントイン、黒砂糖エキス、加水分解シルク、ルイボスエキス、褐藻エキス、カミツレエキス、ローズマリーエキス、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルグルタミン酸TEAはグルタミン酸とヤシ油脂肪酸による洗浄剤。皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。
ジオレイン酸PEG-120メチルグルコースはポチエチレングリコール・オレイン酸とメチルグルコースのジエステルでエモリエント感のある乳化・増粘剤です。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
アラントインは牛の羊膜の分泌液から発見され、尿素から合成、もしくはコンフリーから抽出され原料化されている成分。抗炎症作用、細胞活性化作用が優れる 。
黒砂糖の主成分はショ糖ですが、白砂糖との違いとしてビタミンやミネラルを豊富に含み、保湿、美白、抗菌作用などを与えます。
ルイボスエキスは南アフリカ原産のアスパラサス・リネアリスより抽出されるエキス。カフェインを含まず、抗酸化作用が高い。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高単位での含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
イソステアリル加水分解コラーゲンAMPDは髪に素早く浸透する分子量の小さなコラーゲン誘導体。

    アルクレイス アロマシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/600ml
  • 価格/2940円
  • 1mlあたり/4.9円

アルクレイス アロマシャンプー の宣伝文,商品説明:

新発想の髪の毛からボディまで洗えるシャンプーです。
天然保湿成分配合で、リンス無しでもしっとりします。
パラベン等の指定成分を無添加にしてあります。
話題の天然成分を多種類配合してあります。
肌の弱い方でも使用できるように低刺激の成分を使用してます。
髪の毛を大切にする方、抜け毛が気になりだした方にお勧めです。
素肌をいたわりたい方にお勧めです。

[PR]
アルクレイス アロマシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム