シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アロマベラ アロマティックシャンプー リラクゼーション
(日本香堂
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アロマベラ アロマティックシャンプー リラクゼーション

日本香堂


アロマベラ アロマティックシャンプー リラクゼーション のオススメレベル

アロマベラ アロマティックシャンプー リラクゼーション の解析結果

ややチープ感あり、ただし工夫して刺激性緩和。


仕上がりは一時的に滑らかな感触になるシャンプーです。

洗浄剤はオレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルアラニンTEAですから、洗浄力は高く、仕上がりはあまりいい感触とは言えません。

そこに、(ラウリル/ミリスチル)グリコールヒドロキシプロピルエーテル、グア、カチオン化デンプンが滑らかさを表面に与える保湿作用を付与。

わりと粗い洗浄性のわりに刺激は軽減されていて、かつ感触も一時的とはいえ滑らかさを感じる、オーソドックスなクオリティのシャンプーといえるでしょう。
一般的な安価な市販シャンプーに比べればやや気は利いている面も読み取れ、さっぱり系としてはまずまず使い道のある一品と言えます。

気兼ねなく使い勝手を優先するタイプに向いている一品と言えるでしょう。


[PR]

アロマベラ アロマティックシャンプー リラクゼーション の全成分:

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルアラニンTEA、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルメチルタウリンNa、ジステアリン酸グリコール、塩化Na、(ラウリル/ミリスチル)グリコールヒドロキシプロピルエーテル、ジステアリン酸PEG-150、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、BG、EDTA-2Na、クエン酸Na、クエン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、香料、安息香酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ココイルアラニンTEAは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプンはじゃがいも由来のポリマーで、でんぷんの凹凸が吸着膜を作り、毛髪表面に平滑性、ツヤを付与。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアロベールと呼ばれるカチオン化ヒアルロン酸で、すすいでも落ちにくい特性を持った保湿作用を付与します。

    アロマベラ アロマティックシャンプー リラクゼーション の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/400ml
  • 価格/2160円
  • 1mlあたり/5.4円

アロマベラ アロマティックシャンプー リラクゼーション の宣伝文,商品説明:

●ヒアルロン酸配合のノンシリコンシャンプーです。
●アミノ酸系成分がベースでできており、肌刺激が少なく、髪と頭皮を優しくいたわります。
●すすぎ時に髪がきしみにくく、ノンシリコンなのにしっとりとした使用感です。
●香りづけには天然のエッセンシャルオイルのみを使用し、ラベンダー、タンジェリン、イランイランなどの落ち着きと安らぎのある香りを配合しました。
●ストレスを感じた一日の終わりなどに

[PR]
アロマベラ アロマティックシャンプー リラクゼーション 2017 (c)シャンプー解析ドットコム