シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アロマシストシャンプー(ローズマリーの香り)
(株式会社 ハーベリィアース
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アロマシストシャンプー(ローズマリーの香り)

株式会社 ハーベリィアース


アロマシストシャンプー(ローズマリーの香り) のオススメレベル

アロマシストシャンプー(ローズマリーの香り) の解析結果

かなりマイルドに、フレッシュな香りのシャンプー


このシャンプーのポイントはなんといってもマイルドタッチ。
洗浄性、防腐剤に至るまで低刺激性を念頭に置いているのは疑いようがありません。
パラベンやフェノキシエタノールではなく、カプリリルグリコールやラウリン酸ポリグリセリルであったり、グレープフルーツ果皮油の防腐効果を利用したり、という点ですね。

香りが良いのも魅力の1つといえますが、売りは何と言っても低刺激性というより他ありません。
優しく洗う、肌に良い物を使いたいといった願望に応えるべく作られた逸品です。
逆に、さっぱり感を求めるなら全く合いません。
その点も考慮しつつ、選択しましょう。


[PR]

アロマシストシャンプー(ローズマリーの香り) の全成分:

水 ココイルグルタミン酸TEA コカミドDEA コカミドプロピルベタイン ジグリセリン ブッソウゲ葉エキス 水溶性コラーゲン ヒアルロン酸Na ローズマリーエキス ローマカミツレエキス ローズマリー油 ポリクオタニウム-10 カプリン酸グリセリル ラウリン酸ポリグリセリル-2 ラウリン酸ポリグリセリル-10 BG カプリリルグリコール

主な成分の解説をみるココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ジグリセリンはグリセリン同様保湿剤として使われます。グリセリンと比較すると軽いタッチで、さらっとした感触が特徴。
ブッソウゲ葉エキスとはハイビスカスの葉エキスのことです。多糖類、AHAのピルビン酸、ビタミンC,アミノ酸、ポリフェノールなどを含み、保湿効果、美白作用、抗酸化作用を与えます。
ローズマリーエキスはシソ科のエキスで消臭・静菌・抗酸化作用を持ち、ヨーロッパでは肉の鮮度向上のために料理に使われる。
ローマカミツレエキスはキク科ローマンカモミールから得た精油。ヨーロッパのリンゴに似たフルーティな香調。気持ちを落ち着かせ、リラクゼーション効果を与えます。
ポリシリコーン-3はケラチン産生を正常化させ皮膚の保湿力を改善。
ラウリン酸ポリグリセリル-10はマイルドな乳化剤で、肌刺激の心配はほとんどなく、グリセリンのしっとり感が少し感触を残します。
カプリリルグリコールは優れた殺菌剤ですが、作用が強めで焼灼感刺激を感じる可能性。

    アロマシストシャンプー(ローズマリーの香り) の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.5

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:4
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/150ml
  • 価格/1404円
  • 1mlあたり/9.36円

アロマシストシャンプー(ローズマリーの香り) の宣伝文,商品説明:

ローズマリーは、血行を促し、肌を引き締め、リフトアップ効果が期待されます。100%植物由来清浄成分配合、ノンシリコンで低刺激・弱酸性、天然のアロマ精油のみを使用。

[PR]
アロマシストシャンプー(ローズマリーの香り) 2017 (c)シャンプー解析ドットコム