シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アールティーアール ヘアソープ MA
(Ray Industry
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アールティーアール ヘアソープ MA

Ray Industry


アールティーアール ヘアソープ MA のオススメレベル

アールティーアール ヘアソープ MA の解析結果

アミノ酸型頭皮ケアシャンプー。


典型的なアミノ酸型の処方で、アミノ酸洗浄剤+スキャルプケアエキスたっぷりという、よく見る図式です。
そのため、悪くはないが個性もないというパターンに陥っているようにも見えます。


適度な洗浄性と温和な頭皮ケア効果が好ましい内容ですが、逆に頭皮にも髪にもメリットも多くはなく、際立った有効性があるわけでもありません。
特に何か改善させたい、というものはなく、日常使いで刺激性の低いものを、という方には悪くない選択肢といえるでしょう。
もう一工夫はほしいところですが。


[PR]

アールティーアール ヘアソープ MA の全成分:

水、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、BG、ココイルグルタミン酸TEA、リンゴ酸、PCA-Na、乳酸Na、塩化Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、ローマカミツレ花エキス、オドリコソウエキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、アルニカエキス、オランダカラシエキス、ニンニクエキス、ローズマリーエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、褐藻エキス、スギナエキス、クレマティスエキス、甘草エキス、オレンジ油、フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ココイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤で、酸性でも泡立ちがよくさっぱりとした仕上がりで、ベビーシャンプーにも使われる低刺激性が特徴。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
リンゴ酸はフマル酸、ブドウ糖から合成して作られ、角質柔軟、pH調整目的で配合。弱酸性へ傾ける力が強く、刺激に感じる場合も。
適度に ローマカミツレエキスはキク科ローマカミツレより抽出、抗炎症効果に優れ、肌荒れ防止、育毛、抗菌、抗フケ、カユミ防止目的で使われる。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。
セイヨウナツユキソウ花エキスはアーモンドの香りを放つ白い花が特徴のセイヨウナツユキソウから得たエキス。整肌作用とハリを与える効果。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
スギナエキスはメラニン生成を抑制、代謝促進。
クレマティスエキスはタンニン、糖類を含有し、保湿、収れん作用を付与。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。

    アールティーアール ヘアソープ MA の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:3

  • 容量/250ml
  • 価格/2160円
  • 1mlあたり/8.64円

アールティーアール ヘアソープ MA の宣伝文,商品説明:

オレンジの香り、豊かな泡立ち、柔らかな洗い上がりのアミノ酸系しっとりヘアソープ。
ダメージヘアに最適。石油系界面活性剤、ジメチコン、パラベン、合成香料いずれも不使用。

[PR]
アールティーアール ヘアソープ MA 2015 (c)シャンプー解析ドットコム