シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アルソア ティネ シャンプー
(アルソア
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アルソア ティネ シャンプー

アルソア


アルソア ティネ シャンプー のオススメレベル

アルソア ティネ シャンプー の解析結果

スキャルプケアを目的とし、マイルド感あふれる構成です。


さらっとした仕上がりが特徴、粘膜刺激の少ない洗浄剤をベースに。
エキス類にも特徴が見られ、脱毛抑制、育毛、抗菌作用などを期待される構成をとっています。
ジンクピリチオンの配合は比較的マイルドな抗菌成分として、フケの改善などに。

さらには防腐剤も気を遣っていて、パラベンフリー、カプリン酸グリセリル配合といった工夫で肌への負担を減らしています。

洗浄剤の構成に、リン酸2Naが配合されているのは海水の富栄養化などにつながった過去があるので注視すべき点です。
ただし概ね肌にも環境にも無難な印象であり、
穏やかにバランスよく洗える点が好ましい一品です。

頭皮の環境を改善したい方向けのシャンプーであることは明らかで、

それなりに悪くない中の少し上といったポテンシャル。


[PR]

アルソア ティネ シャンプー の全成分:

常水・精製水・ココイルメチルタウリンNa・ラウラミドDEA・ラウリルベタイン・リン酸2Na・BG・ジステアリン酸グリコール・ラウロイルメチルアラニンNa・ミリスチルアルコール・ヒドロキシステアリン酸グリセリル・オレイン酸グリセリル・カプリル酸グリセリル・ラウリン酸ポリグリセリル-10・ポリクオタニウム-10・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド・グリコシルトレハロース・加水分解水添デンプン・褐藻エキス・センブリエキス・オタネニンジンエキス・ヒキオコシエキス・クララエキス・甘草エキス・カワラヨモギエキス・チョウジエキス・トコフェロール・クエン酸・リン酸・エチドロン酸・エタノール・ジンクピリチオン・ ビサボロール・フェノキシエタノール・香料

主な成分の解説をみるココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
センブリエキスは抗酸化、コラーゲン産生促進、育毛作用を付与。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
ヒキオコシ葉/茎エキスは抗菌、抗男性ホルモン、抗酸化作用、抗炎症作用を付与。
クララエキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、線維芽細胞増殖促進作用、肌バリヤ機能強化、CMC形成促進、抗菌、脱毛防止などを付与。
カワラヨモギエキスは抗酸化作用、女性ホルモン様作用、皮脂の抑制、収れん作用、抗菌作用を付与。
チョウジエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、抗菌、収れん作用。
ビサボロールはカミツレの花の精油のいち成分。抗炎症作用、穏やかな抗菌作用を示す。
ジンクピリチオンは有機亜鉛錯体で、抗菌作用や防腐剤として使われる。主に、抗フケ剤として化粧品に用いられる。

    アルソア ティネ シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/500ml
  • 価格/2625円
  • 1mlあたり/5.25円

アルソア ティネ シャンプー の宣伝文,商品説明:

適度な泡立ちで、髪をすっきりと洗います。
さっぱりとした使い心地で、きしみ感がなくマイルドな仕上がり。
毎日使うほどにやさしさが実感できます。

[PR]
アルソア ティネ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム