シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アシュケア 薬用メディシャンプー
(岩井商事
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アシュケア 薬用メディシャンプー

岩井商事


アシュケア 薬用メディシャンプー のオススメレベル

アシュケア 薬用メディシャンプー の解析結果

まずまずマイルドな保湿系シャンプー。


順不同表示となっている全成分ですが、ベース洗浄剤はココイルメチルタウリンNa、ココアンホ酢酸Naあたりのようです。

シルク誘導体が手触りをさらさらに調整、オレンジ油が脱脂力をアップさせています。

その他の特徴といえば、ヒノキチオールがわりと目立って配合されていて、
ある種の殺菌作用を期待した処方と見えなくもありません。

頭皮をマイルドに洗い、かつ殺菌して頭皮環境を整えようという意図があるように見えます。

以上のことから、感触は概ね良好なしっとりサラサラ系、抗菌作用による頭皮トラブルの改善を期待する一品といえます。

ヒノキチオールは若干刺激性が心配な強め殺菌剤でもありますので、
あまりマイルドなシャンプーと決めつけて使わない方が良いとは思います。


[PR]

アシュケア 薬用メディシャンプー の全成分:

有効成分・・・グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分・・・水溶性コラーゲン液(3)、コメヌカスフィンゴ糖脂質、加水分解コンキオリン液、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル重合体液、ヒノキチオール、水素添加大豆リン脂質、大豆リゾリン脂質液、クエン酸、ラウロイル加水分解シルクナトリウム液、オレンジ油、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム液、ジプロピレングリコール、 2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリ二ウムベタイン、アルキル(8-16)グルコシド、ポリオキシエチレンジオレイン酸メチルグルコシド、塩化0-(2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル)ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシエチルエチレンジアミン三酢酸三ナトリウム液、ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム、1.3-ブチレングリコール、塩化アルミニウム、フェノキシエタノール、精製水

主な成分の解説をみる水溶性コラーゲンはフカヒレ、サケ、ヒラメ、カレイなどの魚の皮から抽出したコラーゲン。通称マリンコラーゲンとも呼ばれ、コラーゲンの中でも優れた保湿性を持つと言われています。
コメヌカスフィンゴ糖脂質植物セラミド成分で、滑らかなタッチで肌のキメを整え、浸透・保湿作用を付与。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。
リピジュアは生体膜構造と類似した疑似細胞膜を作る水溶性ポリマーで、持続性のある高い保湿効果を付与します。
ヒノキチオールは非常に高い抗菌活性を持つ成分で、配合量により肌刺激性の懸念が増す可能性を持つ殺菌剤です。
ラウロイル加水分解シルクNaは補助洗浄剤として主に用いられ、親和性の高さを活かして感触をシルキーに特徴づけます。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ヒドロキシエチルセルロースはセルロース誘導体の一種で、粘度の調節、着色料の沈殿防止、接着力の増強などの目的で配合されます。
[PR]
アシュケア 薬用メディシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム