シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
阿波ノ美 鳴門わかめ配合シャンプー
(ひまわり
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

阿波ノ美 鳴門わかめ配合シャンプー

ひまわり


阿波ノ美 鳴門わかめ配合シャンプー のオススメレベル

阿波ノ美 鳴門わかめ配合シャンプー の解析結果

洗浄剤は最低レベル


添加成分の質はわりと魅力を感じるものの、洗浄剤を見た瞬間に「ナシ」と結論付けられる一品。


最底辺の洗浄剤ベース


脱脂力が強いだけでなく、肌に浸透して根こそぎ脱脂してしまうため肌荒れ・薄毛に直結するタイプのシャンプーといえます。
添加成分の良し悪しは最早関係なく、この洗浄剤は一度でも使わないようにすべきダメっぷりです。


[PR]

阿波ノ美 鳴門わかめ配合シャンプー の全成分:

水、コカミドDEA、(C12,13)パレス-3硫酸Na、ラウリル硫酸TEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、褐藻エキス、コンドロイチン硫酸Na、加水分解コラーゲン、加水分解コンキオリン、スクワラン、(加水分解シルク /PG- プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、カルボキシメチルキチン、ベタイン、グリチルリチン酸 2K、クレアチン、褐藻、グリシン、プロリン、グルタミン酸、ココイルグルタミン酸 TEA、甘草エキス、BG、ポリクオタニウム-10、クエン酸、銅クロロフィリンNa、PEG-20 ソルビタンココエート、香料、メチルパラベン、黄 4、緑 20

主な成分の解説をみる(C12、13)パレス-3硫酸Naは耐硬水性、水への溶解性に優れたキメの細かいソフトな泡の洗浄剤。高い洗浄力、脱脂力が特徴。
ラウリル硫酸Naは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
コンドロイチン硫酸Naは軟骨から抽出されたムコ多糖類で、保湿、乾燥防止、角膜の保護作用をもちます。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。
(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー(Protesil LH)はシルクとPGシラン化合物の架橋型ポリマーで、しっとり&さらさらな感触。ビルドアップせず、カラーロック効果も。
カルボキシメチルキチンはカニの甲殻由来の多糖体。抗シワ、保湿、コンディショニング効果、ハリ、弾力付与。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
クレアチンは毛髪内のイオン結合数を増加させる作用で毛髪のハリ・コシを増強させます。
グリシンは保湿性が高く、様々な配合成分と相性が良いので多く登場するアミノ酸類です。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
甘草エキスはグリチルリチンを含有する抗炎症エキスで、優れた消炎、刺激緩和作用を付与。また、グラブリジンによる美白作用も与えます。

    阿波ノ美 鳴門わかめ配合シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/320ml
  • 価格/3200円
  • 1mlあたり/10円

阿波ノ美 鳴門わかめ配合シャンプー の宣伝文,商品説明:

ミネラル豊富なわかめの成分が、洗うたびに髪の内側まで潤いで満たし、芯からしなやかな髪に。
コシを取り戻し、自然なボリュームの出る元気な髪に導きます。
さらに、自宅でできるヘッドスパを取り入れれば、より効果を実感できます。

[PR]
阿波ノ美 鳴門わかめ配合シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム