シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
泡のきもち
(へあ・まーと
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

泡のきもち

へあ・まーと


泡のきもち のオススメレベル

泡のきもち の解析結果

快適な使用感が好ましい一品。


様々な要素を盛り込んだ、基本的に頭皮ケア重視のシャンプーです。

ベースのオレフィンスルホン酸Naは過剰な脱脂と泡立ちが特徴ですが、アミノ酸系、両性界面活性剤を組み入れて総合的にはマイルド感を感じるタッチに。
さらに、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClが滑り向上、ダイズタンパクKがハリ・コシ感を付与。
ヒアロベールやペリセア、マカデミアナッツ油による保湿作用など、多様なコンディショニング作用が髪を包み込みます。

シンプルに目的を探ると、育毛目的ともとれる処方であり、
サンショウエキスをはじめとした添加成分や、メントールの血行促進作用からも見て取れますね。

洗いあがりのコンディショニング作用もまずまず快適で、即効性ある感触改良効果にさっぱりした仕上がりが好感度高そうです。
頭皮と髪のコンディションを同時に向上させたい方には、少しオススメできるレベルといえるでしょう。


[PR]

泡のきもち の全成分:

水・オレフィン(C14-16)スルフォン酸Na・ココイルグルタミン酸Na・ラウロイルメチルアラニンNa・グリセリン・ココアンホプロピオン酸Na・コカミドDEA・コカミドプロピルベタイン・ココイル加水分解ダイズタンパクK・アルキル(C12.14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI・ラフィノース・ポリグルタミン酸・グリチルリチン酸2K・クエン酸・アルギニン・フェノキシエタノール・マカデミアナッツ油・ポリクオタニウムー10・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・アロエベラエキスー1・オドリコソウ花エキス・ローマカミツレ花エキス・オランダカラシエキス・ゴボウ根エキス・セイヨウキズタエキス・ローズマリーエキス・ニンニクエキス・アルニカ花エキス・セイヨウアカマツ球果エキス・カワラヨモギエキス・センブリエキス・フユボダイジュ花エキス・アルテア根エキス・セリシン・ボタンエキス・サンショウエキス・ダイズエキス・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム(吸着型ヒアルロン酸)・オレンジ油・メントール・酸化チタン(トリニティーZ)・水溶性コラーゲン

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ココアンホプロピオン酸Naはアミノ酸に近い構造の両性界面活性剤で、肌刺激性がとても低く、穏やかにコンディショニング効果を与えるソフトな洗浄剤。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイル加水分解ダイズタンパクKは適度な洗浄力と起泡性を持つアニオン界面活性剤で、皮膚や髪にハリ・コシ感と保湿性を与えます。
アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、生分解性に優れ滑らかな感触を付与します。
ライム油は柑橘系の苦味とシャープな香調がリフレッシュ効果を与える精油で、その淡い香りは他の香料とのブレンドによく使われます。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。
体温付近に融点があり、肌に馴染み良くタッチが良いオイルです。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアロベールと呼ばれるカチオン化ヒアルロン酸で、すすいでも落ちにくい特性を持った保湿作用を付与します。
メントールの清涼作用。
サンショウ果実エキスは山椒の実から得たエキスで、血行促進、抗菌、防腐、収れん作用を付与します。また、頭皮に刺激を与えることにより育毛効果も。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
[PR]
泡のきもち 2017 (c)シャンプー解析ドットコム