シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
サンリオシリーズ リンスインシャンプー
(バンダイ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

サンリオシリーズ リンスインシャンプー

バンダイ


サンリオシリーズ リンスインシャンプー のオススメレベル

サンリオシリーズ リンスインシャンプー の解析結果

このシャンプーはみんなのヒーローどころか、 ダメシャンプーの見本のような一本。
ラウレス硫酸Naのベースももちろん悪いのですが、それに加えてカチオン界面活性剤ジココニウムクロリド、さらにステアルトリモニウムクロリドも!
カチオン界面活性剤は、タンパク変性作用や刺激性が数ある界面活性剤の中でもトップクラスの成分でありますから、
頭皮に直接塗るなんてことは許されない成分の1つです。
このシャンプーが子供向けであるというのも、よりこの一本をおすすめできない理由の1つ。
せめてもの慰めは、ココアンホジ酢酸2Na、ラウロイルアスパラギン酸Naという質の良い刺激緩和成分が存在することですが、
そりゃシリコンも入れたくなる、というひどい出来映えの一品とみていいでしょう。
これはナシです。


[PR]

サンリオシリーズ リンスインシャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ソルビトール、ココアンホジ酢酸2Na、コカミドDEA、ラウロイルアスパラギン酸Na、ローズマリーエキス、セリン、水溶性コラーゲン、アモジメチコン、ジココジモニウムクロリド、BG、DPG、クエン酸、塩化Na、ジステアリン酸グリコール、ポリクオタニウム-10、コカミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Na、ラウレス-7、フェノキシエタノール、ステアルトリモニウムクロリド、EDTA-2Na、香料、安息香酸Na、メチルパラベン、エチルパラベン

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ココアンホジ酢酸2Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ラウロイルアスパラギン酸Naはラウリン酸とアミノ酸であるアスパラギン酸のNa塩が結合した洗浄成分。起泡性に優れ、洗浄力・泡保持性、泡切れの良さが優れる低刺激性の高級洗浄剤。
ローズマリー葉エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制作用、メラニン生成を抑制、収斂、血行促進作用。
セリンはたんぱく質を構成するアミノ酸の一種で、肌本来の保湿成分の1つ。絹のたんぱく質であるセリシンに多く含まれる保湿・保水・弾力性、柔軟性を与える効果。
水溶性コラーゲンはフカヒレ、サケ、ヒラメ、カレイなどの魚の皮から抽出したコラーゲン。通称マリンコラーゲンとも呼ばれ、コラーゲンの中でも優れた保湿性を持つと言われています。
ジココジモニウムクロリドはヤシ油脂肪酸にプラスイオンを付加して作られるカチオン界面活性剤。しなやかに指通りを改善し、静電気抑制効果を付与。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。

    サンリオシリーズ リンスインシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.9

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/150ml
  • 価格/410円
  • 1mlあたり/2.73円

サンリオシリーズ リンスインシャンプー の宣伝文,商品説明:

子供の髪をやさしく洗うリンスインシャンプーです。馬油や天然ハーブオイル、モモの葉エキスを配合。しっとりなめらかに保ちます。目にしみにくい低刺激性。合成着色料不使用。

[PR]
サンリオシリーズ リンスインシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム