シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ばら園 シャンプー RX 
(資生堂
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ばら園 シャンプー RX 

資生堂


ばら園 シャンプー RX  のオススメレベル

ばら園 シャンプー RX  の解析結果

バラの香りすら微妙な印象のシャンプーです。


資生堂らしいといえばそれまでの処方ですが、トップにラウレス硫酸Na、DPGといった高洗浄力に刺激性を与えるような(要は安上がりな)処方を組んでいるシャンプーです。

この状態ではろくな仕上がりにならないので、ジメチコンであったり、ステアリルアルコールあたりの油剤が加えられ、感触だけは多少良いようにしています。

言うまでもなく、わざわざ喜んで買うほどの品質とはいえない程度の製品とみて差し支えありません。
バラ園といっても、最高級のダマスクローズなどではなく残念な感じが余計に漂う全成分。

最悪ではないものの、満足感とは程遠い内容にがっくりです。


[PR]

ばら園 シャンプー RX  の全成分:

水 , ラウレス硫酸Na , DPG , ココアンホ酢酸Na , コカミドプロピルベタイン , コカミドMEA , ジステアリン酸グリコール , ココイルメチルタウリンNa , ソルビトール , ジメチコン , 塩化Na , アルギニン , カニナバラ果実エキス , グリセリン , ステアリルアルコール , クエン酸 , ローカストビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド, BG , ラウロイルメチルタウリンNa , EDTA-2Na , 安息香酸Na , フェノキシエタノール , 香料 , 赤401 ,

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
DPG(ジプロピレングリコール)はグリセリンに比べて粘度が低くさっぱりしていて使用感触がいい。溶剤としても働き、グラム陰性菌の抗菌作用を持つ。
高配合では刺激性を感じる。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ローカストビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドは植物由来のポリサッカライドをカチオン化した成分。ダメージ部に粘弾フィルムを形成し、ユニークな保湿・平滑性を付与する。

    ばら園 シャンプー RX  の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.9

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/300ml
  • 価格/1050円
  • 1mlあたり/3.5円

ばら園 シャンプー RX  の宣伝文,商品説明:

リラックス効果の高いばらの香り成分ティーローズを新配合。地肌のうるおいを守り優しく洗いあげるシャンプー。コンディショナーは髪のキューティクルを補修して、ぱさつく髪もなめらかにまとまります。

[PR]
ばら園 シャンプー RX  2017 (c)シャンプー解析ドットコム