シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
シュワルツコフ BCクア フォルムコントロール シャンプー
(シュワルツコフ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

シュワルツコフ BCクア フォルムコントロール シャンプー

シュワルツコフ


シュワルツコフ BCクア フォルムコントロール シャンプー
シュワルツコフ BCクア フォルムコントロール シャンプー のオススメレベル

シュワルツコフ BCクア フォルムコントロール シャンプー の解析結果

洗浄性はやや雑、しかし補修性が高い


マイルドでコンディショニング作用を有するベース。
洗いあがりはわりと洗浄力の余韻を感じる、さっぱりタイプでしょう。

くせ毛軽減のシステインや、持続性のシルクポリマー配合がコンディショニング効果を高めるユニークなシャンプー。

髪のしなやかさや、くせ毛を落ち着かせたい、シルキーなタッチにしたいという方にはオススメ度が比較的高い一品です。

若干ややこしい作りで、補修性を重視するならOK、洗浄性にこだわるなら△といった具合の印象です。


[PR]

シュワルツコフ BCクア フォルムコントロール シャンプー の全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、DPG、ラウロイルメチルアラニンNa、アルキル(C14-18)スルホン酸Na、ラウリルグルコシド、加水分解ケラチン(羊毛)、(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク、アセチルシステイン、ポリクオタニウム-10、クエン酸、メチルパラベン、ジステアリン酸PEG-150、プロピルパラベン、クエン酸Na、ヒアルロン酸Na、香料

主な成分の解説をみるコカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
アルキル(C14-18)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマーはシルクとPGシラン化合物の架橋型ポリマーで、しっとり&さらさらな感触。ビルドアップせず、カラーロック効果も。
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルクは加水分解シルクの潤滑作用とシリル基のツヤ、伸展性、熱反応でシラノール基同士が高分子化皮膜を形成し毛髪を保護。
アセチルシステインは一時的に髪のS-S結合を組み直し、くせ毛の軽減、ボリュームダウン、硬毛の軟化作用などを付与します。
シュワルツコフ BCクア フォルムコントロール シャンプー

    シュワルツコフ BCクア フォルムコントロール シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/1000ml
  • 価格/3672円
  • 1mlあたり/3.67円

シュワルツコフ BCクア フォルムコントロール シャンプー の宣伝文,商品説明:

アミノケラチンコンプレックス・イオニックポリマーシールドコンプレックス配合のシャンプーです。
ダメージを補修し、毛髪表面に疎水性の皮膜を作り、クセで広がりやすい髪を湿気から守りながら、おさまりやすい髪に導きます。

[PR]
シュワルツコフ BCクア フォルムコントロール シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム