シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
BCオイル イノセンス オイルシャンプー
(シュワルツコフ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

BCオイル イノセンス オイルシャンプー

シュワルツコフ


BCオイル イノセンス オイルシャンプー のオススメレベル

BCオイル イノセンス オイルシャンプー の解析結果

シンプルによくない


ラウレス硫酸Naベースの製品としては、やや刺激が抑えられている面もありますが、
高い洗浄力はありますので日常使いには向いていません。

アルガンオイルは若干肌に残って抗酸化作用を見せることができそうです。

ケラチン、パンテノールといったあたりは配合量も少なく、おまけ程度とみます。
オイルシャンプーと銘打ってる点に相違はありませんが、
やや作りが安っぽい感じの一品です。


[PR]

BCオイル イノセンス オイルシャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ココアンホジ酢酸2Na、コカミドミドプロピルベタイン、デシルグルコシド、ジカプリリルエーテル、塩化Na、アルガニアスピノサ核油、 オレイン酸グリセリン、加水分解ケラチン(羊毛)、パンテノール、コカミドMEA、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、クエン酸、安息香酸Na、PEG-7グリセリルココエート、 ポリクオタニウム-10、PEG-40水添ヒマシ油、オキシベンゾン-4、水酸化Na、PG、黄5、香料

主な成分の解説をみるコカミドミドプロピルベタイン、ココアンホジ酢酸2Naが両性界面活性剤で刺激をやや緩和、泡立ちをよくしています。
デシルグルコシド、塩化Naといったところも増粘や刺激緩和策。
やや配合量の多いアルガンオイルがオレイン酸・リノール酸リッチなオイルで、
抗酸化作用、肌や髪へ浸透して柔軟化、保湿作用を期待出来ます。
オレイン酸グリセリン・ジオレイン酸PEG-120メチルグルコースといった乳化剤がしっとりとした感触を与えます。
加水分解ケラチン、でハリ、コシ効果。
パンテノールは虫さされの薬によく使用され、抗炎症、保湿などに効果が期待出来ます。
紫外線吸収剤のオキシベンゾン−4の配合もありますね。

まとめますと、

泡立ち豊かでさっぱり系の洗い心地、仕上がりはシットリ感が残る一品となっています。

ラウレス硫酸Naベースの製品としては、やや刺激が抑えられている面もありますが、
高い洗浄力はありますので日常使いには向いていません。

アルガンオイルは若干肌に残って抗酸化作用を見せることができそうです。

ケラチン、パンテノールといったあたりは配合量も少なく、おまけ程度とみます。
オイルシャンプーと銘打ってる点に相違はありませんが、
やや作りが安っぽい感じの一品です。

    BCオイル イノセンス オイルシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2

  • 素材の品質:2
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/200ml
  • 価格/1296円
  • 1mlあたり/6.48円

BCオイル イノセンス オイルシャンプー の宣伝文,商品説明:

濃密なツヤと軽やかさを生む、革新的なオイルテクノロジー。
ヘアケアオイルならではのしっとりとした質感とベタつかない使用感を追求したヘアケアライン。

[PR]
BCオイル イノセンス オイルシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム