シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ビューティバリュー 炭酸 オイルシャンプー
(オーピーラボ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ビューティバリュー 炭酸 オイルシャンプー

オーピーラボ


ビューティバリュー 炭酸 オイルシャンプー のオススメレベル

ビューティバリュー 炭酸 オイルシャンプー の解析結果

炭酸と3種のエモリエントオイルでしっとり洗い上げる一品。


アルガンオイル、バオバブオイル、クパスオイルがしっとり感を強調し、洗浄剤もアミノ酸系のエモリエントタッチ。
髪を包み込むとてもしっとり感が特徴的な仕上がりとなるでしょう。

洗浄力自体はマイルドですが、炭酸の力で頭皮の汚れ・皮脂を浮かせ、効率的に除去できる点が好ましい。
さらに、炭酸の利点として皮脂コントロール効果や血行促進効果もあるため、例えば育毛や頭皮トラブルの改善にも寄与する可能性が増します。

弱酸性、マイルドでコンディショニング効果のある洗浄性を考えれば、カラー毛やパーマ毛にも適した一品と言えるでしょう。

このように、わりと良いことばかりのシャンプーでありオススメ度も高い製品に仕上がっています。

強いて言えば、ゴシゴシすっきり洗浄したいという向きには、やや物足りなさは否めないタイプでもあります。


[PR]

ビューティバリュー 炭酸 オイルシャンプー の全成分:

水、ココイルグルタミン酸Na、ラウリルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、LPG、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、テオブロマグランジフロルム種子脂、トウキンセンカ花エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキス、カミツレ花エキス、セージ葉エキス、レモン果皮油、ライム油、ショウガ根油、ユズ果皮油、BG、ポリクオタニム-10、コカミドDEA、クエン酸、ベタイン、二酸化炭素、EDTA-2Na、メチルパラベン

主な成分の解説をみるココイルグルタミン酸Naは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりややさっぱり感を与える効果も。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
ココイルメチルタウリンNaはアミノ酸系洗浄剤で、酸性でも泡立ちがよくさっぱりとした仕上がりで、ベビーシャンプーにも使われる低刺激性が特徴。
バオバブ種子油は、γ-リノレン酸,ビタミンA,D,Eやトリグリセライドを豊富に含み、乾燥やアレルギー肌、ダメージ毛に有効なオイルです。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
テオブロマグランジフロルム種子脂クパスオイルと呼ばれ、抱水力はラノリン以上。チョコレートの原料にも使われるリッチなオイルです。
トウキンセンカ花エキスは金盞花というオレンジ色の花のエキスで、抗菌、整肌、抗炎症、清浄作用を与えるカロチノイド,サポニン,フラボノイドを含有します。
ローズマリー葉エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制作用、メラニン生成を抑制、収斂、血行促進作用。
ラベンダー花エキスは抗酸化作用、抗炎症、抗菌、発汗作用。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
セージ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、メラニン抑制作用、収斂作用を付与。
ショウガ根エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、抗菌作用、血行促進作用、免疫増強作用、発汗作用。
ユズ果皮油は柑橘の香りが持続性を持ち、収れん作用、保湿作用とともにアロマテラピーでも用いられるオイルです。
二酸化炭素は炭酸ガスとして用いられ、弱酸性・皮脂や汚れを浮き上がらせ除去、血行促進によるクマ・くすみの改善、収れん(引き締め)効果による皮脂の過剰分泌抑制、ハリ・弾力効果などを付与。

    ビューティバリュー 炭酸 オイルシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.2

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/300ml
  • 価格/1846円
  • 1mlあたり/6.15円

ビューティバリュー 炭酸 オイルシャンプー の宣伝文,商品説明:

アルガンオイルやバオバブオイルなどの植物由来オイルを配合した炭酸濃密泡のオイルシャンプーです。
ノンシリコンなのにギシギシしない、しなやかな指どおりに仕上げます。

[PR]
ビューティバリュー 炭酸 オイルシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム