シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
モルトベーネ ベネッコ シャンプー
(モルトベーネ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

モルトベーネ ベネッコ シャンプー

モルトベーネ


モルトベーネ ベネッコ シャンプー のオススメレベル

モルトベーネ ベネッコ シャンプー の解析結果

特別注目すべき点もない中身。


値段なりで、それなりの素材で作られている内容です。
ラウレス硫酸Na、コカミドDEAというベースはあまりこだわりを持たない典型のような凡庸さを感じさせます。
ラウラミドプロピルベタイン、アーモンドタンパクあたりは少し感触を改善させますが、基本的な部分は質の高さを感じさせるものではありません。


エキスも凡庸、添加剤も普通(かそれ以下)といえる設計で、多くを語る必要性を感じない程度の製品です。


[PR]

モルトベーネ ベネッコ シャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、ヘキシレングリコール、加水分解アーモンドタンパク、セイヨウノコギリソウエキス、セイヨウオトギリソウエキス、セージ葉エキス、フキタンポポ花エキス、カミツレ花エキス、アルテア根エキス、ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、尿素、硫酸Na、塩化Na、クエン酸Na、クエン酸、BG、EDTA-2Na、サリチル酸、安息香酸Na、メチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
加水分解アーモンドタンパクは酸性アミノ酸を豊富に含み、毛髪に潤いとハリコシ感を与えます。
セイヨウノコギリソウエキス(キク科常緑多年草,=ヤロウエキス)は、アズレン、ピネン、リモネン、カンファーなどを含み抗酸化作用、抗菌、抗炎症、収れん作用を付与。
ている セージ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、メラニン抑制作用、収斂作用を付与。
フキタンポポエキス(キク科フキタンポポの葉、花から抽出)は、ファラジオール、ルチン、タンニン、フィトステロールなどを含み、収れん、抗炎症、皮膚機能活性化作用を付与。
尿素(ウレア)は浸透性の保湿作用や、タンパク質を分解する働きを付与。固くなった角質に有効だが、ノーマルな肌には過度に角質を薄くし敏感肌に導く可能性も。
サリチル酸 は防腐剤、ピーリング剤としての効果があり、イボ、ウオノメを除去する目的で医療でも使われます。

    モルトベーネ ベネッコ シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:2
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/1000ml
  • 価格/1458円
  • 1mlあたり/1.46円

モルトベーネ ベネッコ シャンプー の宣伝文,商品説明:

植物性ダメージケア成分がダメージ毛をやさしく保護しながら洗うヘアサロン専売品のシャンプーです。
パーマやカラーした髪の毛をスタイリングしやすい髪に洗い上げます。
保湿成分として、セイヨウノコギリソウエキスやオトギリソウエキス、セージエキス、フキタンポポエキス、カミツレエキス、アルテアエキス配合。

[PR]
モルトベーネ ベネッコ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム