シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ベルーガ シャンプー アミノシャイン
(ストーリア
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ベルーガ シャンプー アミノシャイン

ストーリア


ベルーガ シャンプー アミノシャイン のオススメレベル

ベルーガ シャンプー アミノシャイン の解析結果

髪へのメリットは大きめ。


悪くありませんが、惜しい。

というのも、脇役の質は割と高い点が目立つところはとても良い印象なのですが、

洗浄剤はあまり評価できる内容ではないのです。

粗く、髪にとっても肌にも負担になりそうな強い洗浄剤。それに対して、添加剤は即効性も持続性も期待できそうな優秀な素材が並びます。

冷静に考えれば、互いの持ち味を消し合うような設計ですので、繰り返し使いたくなるような仕上がりを毎回望むことは難しいかもしれません。



[PR]

ベルーガ シャンプー アミノシャイン の全成分:

水、ココイルアラニンTEA、アルキル(C12、13)硫酸TEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、コカミドMEA、PPG-2コカミド、ラウリルベタイン、DPG、ココイルグルタミン酸TEA、カンゾウ根エキス、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、BG、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、PCA-Na、乳酸Na、カラスムギ穀粒エキス、ポリ-ε-リシン、アルギニン、アスパラギン酸、ケラチン(羊毛)、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、水溶性コラーゲン、ヒスチジン、フェニルアラニン、グルタミン酸、システイン、チロシン、ロイシン、リシンHCl、ユズ果実エキス、アシタバ葉/茎エキス、PEG-32、PEG-6、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-48、ポリソルベート20、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料、カラメル

主な成分の解説をみるココイルアラニンTEAは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
アルキル(C12.13)硫酸TEAはラウリル硫酸TEAと同型といえばわかりやすいでしょう。浸透力と脱脂力で肌荒れ患者を続出させた悪名高い洗浄剤です。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲンはコラーゲンの保湿とシリル化合物の伸展性、ツヤ効果、熱反応でシラノール基同士が高分子化皮膜を形成し、髪を保護。
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na=アプレシエ(APPS)は空気中でも酸化安定性を有する油溶性ビタミンC誘導体で、抗酸化作用、コラーゲン生成能促進といった効果を付与。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
ユズ果実エキスはユズセラミドを含有し、髪や肌の保湿機能を強化。
アシタバエキスは女性ホルモン様作用により、肌の弾力アップ、皮脂の抑制、育毛、抗菌作用を与えます。
ポリクオタニウム-4は、ヒドロキシエチルセルロースジメチルジアリルアンモニウムクロリドという名称で、カチオン化セルロースです。感触を改良したり、シリコーンの吸着を助けたりする効果があります。

    ベルーガ シャンプー アミノシャイン の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.6

  • 素材の品質:2.6
  • 安全性:2.2
  • 髪質改善効果:2.9
  • 頭皮環境改善 2.8
  • 費用対効果:2.6

  • 容量/400ml
  • 価格/1944円
  • 1mlあたり/4.86円

ベルーガ シャンプー アミノシャイン の宣伝文,商品説明:

髪にふっくらハリ・コシを与える、贅沢なツヤ髪タイプのシャンプーです。
髪の内部まで浸透・補修しながらキューティクルにも吸着。
毛先まで濃密な潤いと贅沢なツヤで満たし、驚くほどの輝きを髪にもたらします。

[PR]
ベルーガ シャンプー アミノシャイン 2017 (c)シャンプー解析ドットコム