シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ベルーガ シャンプー アミノダメージケア
(ストーリア
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ベルーガ シャンプー アミノダメージケア

ストーリア


ベルーガ シャンプー アミノダメージケア のオススメレベル

ベルーガ シャンプー アミノダメージケア の解析結果

パッと見の良さはある。


第一印象がしっとり、しかし本質的にはバサバサっとなるタイプのシャンプーです。

ちょっと複雑な面もありますが、脱脂力が強めでありながら、アミノ酸などのしっとり感も同時に感じられる設計という内容です。


洗浄剤に関してはさほど上品なものは感じませんが、添加剤にペリセアやカラスムギ穀粒エキスといったマイルド調整成分が見られる点で少し評価アップ。

全体としてすごく悪いというものではありません。

おすすめ度は高くありませんが、それなりに使うメリットも存在する製品ではあります。

ちょっとしたアンチエイジング効果も期待出来る成分が入っているのは嬉しいところでしょう。


[PR]

ベルーガ シャンプー アミノダメージケア の全成分:

水、ココイルグルタミン酸TEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、アルキル(C12、13)硫酸TEA、ラウラミドDEA、塩化Na、ポリクオタニウム-10、DPG、グルタミン酸、システイン、チロシン、ロイシン、PCA-Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、リシンHCl、ポリ-ε-リシン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、プラセンタエキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、カラスムギ穀粒エキス、ケラチン(羊毛)、アシタバ葉/茎エキス、水溶性コラーゲン、ベタイン、BG、ラウリン酸BG、乳酸Na、PPG-2コカミド、ココイル加水分解コラーゲンK、コカミドDEA、ポリソルベート20、ジステアリン酸PEG-150、クエン酸、水酸化Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料、カラメル

主な成分の解説をみるココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
アルキル(C12.13)硫酸TEAはラウリル硫酸TEAと同型といえばわかりやすいでしょう。浸透力と脱脂力で肌荒れ患者を続出させた悪名高い洗浄剤です。
システインは一時的に髪のS-S結合を組み直し、くせ毛の軽減、ボリュームダウン、硬毛の軟化作用などを付与します。
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na=アプレシエ(APPS)は空気中でも酸化安定性を有する油溶性ビタミンC誘導体で、抗酸化作用、コラーゲン生成能促進といった効果を付与。
プラセンタエキスは保湿、抗アレルギー作用、線維芽細胞増殖促進作用。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
カラスムギ穀粒エキスは抗炎症作用、抗アトピー作用を付与。
アシタバエキスは女性ホルモン様作用により、肌の弾力アップ、皮脂の抑制、育毛、抗菌作用を与えます。
ココイル加水分解コラーゲンKはアミノ酸系洗浄剤の1つで、ほとんど脱脂力はありませんが保湿、柔軟性、きめ細かい泡質を与える目的で配合されます。

    ベルーガ シャンプー アミノダメージケア の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.5

  • 素材の品質:2.6
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:2.3
  • 頭皮環境改善 2.4
  • 費用対効果:2.7

  • 容量/400ml
  • 価格/1944円
  • 1mlあたり/4.86円

ベルーガ シャンプー アミノダメージケア の宣伝文,商品説明:

髪にふっくらハリ・コシを与える、集中ダメージ補修タイプのシャンプーです。
ダメージによるパサつき、うねり、傷んだ部分を集中的に補修。
18種のアミノ酸と浸透アミノ酸成分を中心に、リペア効果の高い生ケラチン・生コラーゲンをプラス。
髪の内側まで補強し、1本1本にハリ・コシを与えます。

[PR]
ベルーガ シャンプー アミノダメージケア 2017 (c)シャンプー解析ドットコム