シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
バイオタッチ エクストラリッチスリーク
(ウエラ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

バイオタッチ エクストラリッチスリーク

ウエラ


バイオタッチ エクストラリッチスリーク のオススメレベル

バイオタッチ エクストラリッチスリーク の解析結果

単に安物というだけの印象



少なくとも、洗浄剤についてはほとんどこだわりを感じない、ごく単純な構成。
ビタミンA誘導体のような、スキンケア要素も少しは含むものの、それ以外のデメリットのほうがより強調されている内容になっています。

基本的なベースがあまりに安っぽく、1680円といっても割高に感じるほど中身の薄いものとなっているため、オススメとはいえません。


[PR]

バイオタッチ エクストラリッチスリーク の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、スルホコハク酸ラウレス2Na、塩化Na、コカミドプロピルベタイン、ジステアリン酸PEG-3、ココアンホ酢酸Na、ポリクオタニウム-10、クエン酸、パンテノール、グリオキシル酸、酢酸トコフェロール、キョウニン油、EDTA-2Na、ポリソルベート20、水酸化Na、海塩、加水分解アーモンドタンパク、EDTA-3Na、パルミチン酸レチノール、リノール酸、トコフェロール、PABA、安息香酸Na、フェノキシエタノール、サリチル酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、エチルパラベン、イソブチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
スルホコハク酸(C12-14)ラウレス2Naは高い洗浄力と泡立ち力で、生分解性が良い点が特徴のやや低刺激洗浄剤。
塩化Naはアニオン界面活性剤の増粘剤として添加されます。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
パンテノールは、プロビタミンB5という別名があるように細胞活性化、抗炎症、保湿作用を付与します。
酢酸トコフェロールはα-トコフェロールを酢酸エステル化して得た合成ビタミンE。血流促進効果、抗酸化作用によるシミ、そばかす、肌の老化防止を防ぐ効果。
パルミチン酸レチノールはビタミンA誘導体で、抗シワ、抗老化、たるみ、シミ、乾燥を防ぐ効果を付与。

    バイオタッチ エクストラリッチスリーク の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2

  • 素材の品質:2
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/250ml
  • 価格/1680円
  • 1mlあたり/6.72円

バイオタッチ エクストラリッチスリーク の宣伝文,商品説明:

ウエラ バイオタッチシリーズは、ヘアサロンで手に入れたお気に入りのヘアスタイルを、より長期間、より美しく保つホームケアシリーズです。
日常生活の中で受ける髪のダメージをケアし、ヘアスタイルにあわせたラインアップでベースを整え、毎日のスタイリング時間をより快適に。