シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ブラック・ケア・ナチュラル・スカルプシャンプー
(テクノビューティーサプライ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ブラック・ケア・ナチュラル・スカルプシャンプー

テクノビューティーサプライ


ブラック・ケア・ナチュラル・スカルプシャンプー のオススメレベル

ブラック・ケア・ナチュラル・スカルプシャンプー の解析結果

やや脱脂性が高く、粗い印象の洗浄性。



スカルプシャンプーといいますが、ジメチコンの配合などからも高脱脂の洗浄剤を何とか印象良いように見せようと汲々としている印象。

スカルプケアがどうとか、そういった次元ではなく、やや安上がりに作られた印象ばかりが残るのであります。
脱脂力の強い2トップの洗浄剤を、アミノ酸系や両性界面活性剤で幾分刺激緩和していますが、値段から考えてもこのクオリティで満足することは難しいのではないか。

地肌をこざっぱり洗いたいだけであれば悪くありませんが、育毛とは無関係に近いようなシャンプーですので、その点注意が必要です。


[PR]

ブラック・ケア・ナチュラル・スカルプシャンプー の全成分:

水・PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na,オレフィン(c14-16)スルホン酸Na,ココアンホ酢酸Na,ラウロイルメチルアラニンNa,ココイルグルタミン酸TEA,コカミドDEA,ジメチコン,ステアリン酸PEG-150......@

主な成分の解説をみるPEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Naは非常に高い脱脂力を持ちながら、比較的マイルドに調整された洗浄剤。ラウリル硫酸Naよりはずっと刺激性が抑えられていますが、脱脂力は高いものです。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
[PR]
ブラック・ケア・ナチュラル・スカルプシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム