シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ブラッククリスタルシャンプー
(レオローロマリス
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ブラッククリスタルシャンプー

レオローロマリス


ブラッククリスタルシャンプー のオススメレベル

ブラッククリスタルシャンプー の解析結果

脱脂力。それに尽きてしまう一品。


オレフィンスルホン酸Na,コカミドプロピルベタインというベース素材はかなり脱脂力が強いのですが、それに加えてヘマチンがよりその性質を高める。

なぜなら、ヘマチンはアルカリ性でより安定となる成分なので、一般的にアルカリ性になるほど脱脂力が高まる洗浄剤の性質からしても、
かなりパワフルであることは留意すべき一品となるでしょう。
要は、ほとんどの方にとって過剰な脱脂力である、ということになります。
ちなみに、炭も配合されていることで尚更クレンジング要素が強くなっていますね。

その他の部分では、いくつかスキンケア面で有効性を見いだせる成分の配合はあります。
例えば、前述のヘマチンは育毛をはじめダメージ補修力や防臭など有益な面もあります。
さらに、コーヒーエキス、よもぎ、褐藻、ヘンナ、アルニカエキスなど、肌の保護や保湿・弾力アップに寄与する部分も魅力ですね。

悪いことばかりではないシャンプーですが、基本的な部分で親切ではないので、オススメというには力不足な印象。
あえて強めな洗浄性が好みの場合は、まだ良いですが。。


[PR]

ブラッククリスタルシャンプー の全成分:

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、グルコシルトレハロース、コカミドDEA、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、加水分解デンプン、ヘマチン、ゴマ油、ポリクオタニウム-10、、エチドロン酸4Na、グリセリン、炭、BG、黒砂糖、ココイルリンゴアミノ酸、グレープフルーツ果皮油、グレープフルーツ種子エキス、ヨモギ葉エキス、コーヒーエキス、ゴボウエキス、褐藻エキス、ヘンナ葉エキス、アルニカ花エキス、スギナエキス、セージ葉エキス、フユボダイジュエキス、セイヨウノコギリソウエキス、セイヨウオトギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カミツレ花キス、トウキンセンカ花エキス、デキストリン、カラメル、エタノール、メチルパラベン、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるゴマ油は色や匂いがほとんどなく、さらっとした感触のオイル。
は多孔質の特徴を活かし、汚れ、皮脂を吸着して除去する効果、脱臭作用を与える無刺激成分。
黒砂糖の主成分はショ糖ですが、白砂糖との違いとしてビタミンやミネラルを豊富に含み、保湿、美白、抗菌作用などを与えます。
ココイルリンゴアミノ酸Naはりんご果汁から抽出したアミノ酸の洗浄剤。濃密で優れた起泡性が特徴で、洗浄力はさほど高くありません。
ヨモギ葉エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、皮脂の抑制、収斂作用、抗菌作用、抗炎症作用。
コーヒー種子エキスはコーヒの生豆から得たエキスで、紫外線防御、皮膚ダメージを抑制するクロロゲン酸を含有。抗シワ、ニキビ、紫外線ダメージに有効。
ゴボウ根エキスはコラーゲン産生促進、抗炎症作用、収れん作用、発汗作用、脱毛防止、抗菌作用。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
ヘンナエキスはヘンナという植物を乾燥させたもので、髪に皮膜を形成し、着色する効果や、髪のケラチンに親和性がありハリ・コシを与える作用を持ちます。
アルニカ花エキスは抗酸化作用、メラニン生成を抑制。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
トウキンセンカ花エキスは金盞花というオレンジ色の花のエキスで、抗菌、整肌、抗炎症、清浄作用を与えるカロチノイド,サポニン,フラボノイドを含有します。

    ブラッククリスタルシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.6

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/500ml
  • 価格/1944円
  • 1mlあたり/3.89円

ブラッククリスタルシャンプー の宣伝文,商品説明:

ノンシリコンなのにキシまない、もっちり泡で低刺激な地肌ケア。
21種類の美髪成分を配合し、髪と頭皮をすっきり洗い上げます。
しっとりなびく髪から広がる甘い香りが優雅な気分へと導きます。
※ノンシリコン処方
※ヘマチン(保湿成分)配合

[PR]
ブラッククリスタルシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム