シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
キャンドール フレッシュオレンジ シャンプー
(キャンドール
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

キャンドール フレッシュオレンジ シャンプー

キャンドール


キャンドール フレッシュオレンジ シャンプー のオススメレベル

キャンドール フレッシュオレンジ シャンプー の解析結果

強力な脱脂力と、カチオン界面活性剤による肌刺激性も懸念されるダメシャンプー。


ラウレス硫酸ベースにオレンジ油も配合し、高洗浄力、刺激もややある安物の典型のような構成。
そしてカチオン界面活性剤ステアラミドプロピルジメチルアミンが配合。
こちらは3級でやや刺激が低いが、シャンプーに入っていること自体がリスク。
髪のさらさらのために肌へ負担を強いるのではシャンプーとしていかがなものか。

このようなシャンプーを使うのはやめましょう、と言いたくなる見本のようなダメシャンプー。
避けて通るべき一本でしょう。


[PR]

キャンドール フレッシュオレンジ シャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ラウロイルメチルアラニンNa、オレンジ油、オレンジ果汁、 レモン果汁、ライム果汁、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、リンゴエキス、グレープフルーツ果実エキス、 ステアラミドプロピルジメチルアミン、クエン酸、ポリクオタニウム-10、塩化Na、BG、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
レモン果実エキスは収れん、皮膚弾力改善効果。
サンザシエキスはバラ科サンザシの花、葉、実抽出エキス。フラボノイド、ビタミンCを多く含有し、保湿、美白、収れん作用を与えます。
ナツメ果実エキスは保湿、収れん、皮膚細胞活性化作用を有し、リパーゼを活性化することから脂肪の代謝を助ける働きもあります。
ステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。

    キャンドール フレッシュオレンジ シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.1

  • 素材の品質:2
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/500ml
  • 価格/1620円
  • 1mlあたり/3.24円

キャンドール フレッシュオレンジ シャンプー の宣伝文,商品説明:

オレンジで頭皮ケア〜髪と頭皮が呼吸を始める
■ 地肌すっきり、髪なめらか
髪と地肌に汚れをすっきり落とし、潤いを与え地肌環境を整えます。
シャンプー後のケア効果がいっそうアップします。
オレンジオイルと7種類のフルーツエキス配合。
■ ノンシリコン処方

[PR]
キャンドール フレッシュオレンジ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム