シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
キャンドール ブルガリアンローズ シャンプー
(キャンドール

) シャンプー解析ドットコム
[PR]

キャンドール ブルガリアンローズ シャンプー

キャンドール


キャンドール ブルガリアンローズ シャンプー のオススメレベル

キャンドール ブルガリアンローズ シャンプー の解析結果

がっかりさせられるシャンプーの1つ。


ラウレス硫酸ナトリウムの安物の代表のようなベースに、
カチオン界面活性剤のステアラミドプロピルジメチルアミン配合。

3級カチオンといって、肌刺激は軽減されているがシャンプーに入れても良いっていうほど安全ではない。
ラウレス硫酸のパワーをごまかすためなら、消費者無視の配合といってもいいだろう。
救いは、ローズ水配合、抗炎症系エキスなどによって多少緩和されるところ。
しかし、このシャンプーをおすすめする理由にはこれっぽちにもならない。

まず試す価値もない程度の粗悪品です。


[PR]

キャンドール ブルガリアンローズ シャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ラウロイルメチルアラニンNa、ローズ水、 (セイヨウイラクサ葉/フキタンポポ葉/スギナ茎/ローズマリー葉/セージ葉/セイヨウノコギリソウ花/ ミチガシワ葉/ヨーロッパシラカバ葉)エキス、ステアラミドプロピルジメチルアミン、クエン酸、ポリクオタニウム-10、 塩化Na、エタノール、BG、PG、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

主な成分の解説をみる ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ローズ水はセイヨウバラまたはダマスクバラの花を水蒸気蒸留によって得られる芳香性の水。表皮からβ-エンドルフィンの遊離を促進する作用があり、皮膚細胞代謝活性化、メラニン生成抑制作用を持つ。
ステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。

    キャンドール ブルガリアンローズ シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.1

  • 素材の品質:2
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/500ml
  • 価格/1620円
  • 1mlあたり/3.24円

キャンドール ブルガリアンローズ シャンプー の宣伝文,商品説明:

〜ローズの潤い〜髪と頭皮が呼吸を始める
■ 地肌うるおい、髪なめらか
髪と地肌の汚れをすっきり落とし、潤いを与え地肌環境を整えます。
シャンプー後のケア効果がいっそうアップします。
ローズ水、ローズマリーエキスと7種類の植物エキス配合。
■ ノンシリコン処方

[PR]
キャンドール ブルガリアンローズ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム